20年ぶりに!

3日の祝日は、とても久しぶりにパリに行って来ました。9月の半ばにたまたまパリ行き切符の広告を見て「あ、行ってみようかな」と思ったのです。
前日遅くにようやく切符の買い方や地図を見て(←私は地図が全然読めない&方向音痴です・・・)、朝5時に起き出発しました。
早朝はあいにくの雨と風でしたが、無事列車に乗れました。TGVでパリ東駅まで3時間ちょっとです。
_IMG_4721_20171011165601daa.jpg


駅のスタバに入ってみましたが、Wifiが繋がらず・・・諦めました。
_IMG_4725_20171011165602559.jpg


メトロの一日券を買い、早速ロマン主義博物館(Musée de la Vie Romantique)へ向かいました。駅から徒歩6分で着く・・・はずが30分もウロウロしてようやく到着パリは晴れていて、小さなお店をのぞきながら歩くのも楽しかったです。
もともとフランスの画家、アリ・シェフェール(Ary Scheffer,1795‐1858)の邸宅だった建物で、彼はショパンやリストとも親交があり、肖像画も描いたそうです。彼らもこの邸宅を訪れたとのこと・・・。館内にはショパンやジョルジュ・サンドの手の石膏もありました。
企画展では「Le pouvoir des fleurs (=花々の力)」というテーマで現代作家の作品も展示されていました。日本人の方の作品もありました
_IMG_4728.jpg


歩いていると、カメラを構える人がたくさん見えました。私も思わずパチリ
ヴァンドーム広場のそばにあるルイヴィトンのお店でした。このエリアにはものすごくおしゃれな人たちがいて、ファッション雑誌を見ているみたいでした。調べてみたらパリファッションウィークの真っ最中だったようです。街の中で何度か撮影風景を見かけました。パリって華やかだなぁ~と思いました。
_IMG_4729.jpg


そして久々のルーブル美術館に来ました。今回は展示を見る時間がありませんでしたが、いつかもう一度ゆっくり見てみたいと思います。
_IMG_4731 (2)


早起きしてたくさん歩いてお腹も減ったので、オシャレにレストランでランチしたいところでしたが、食べたのは「ミックスフライ弁当」十時やさんというお店です。14時過ぎでしたが、お弁当を食べる人でかなり混んでいました。日本茶も頂いて、やっぱりお箸で食べるのは落ち着きます。とてもおいしかったです。
_IMG_4734 (2)


小さなお店をいくつか調べて行ったのですが、この方向音痴のせいで時間がどんどん過ぎて行ってしまったので、デパートをのぞいてみることに。オペラ座のギャラリーラファイエットへ入りました。中は・・・本当にたくさんの中国人観光客の方々が買い物していました。シャネルは長蛇の列でした。ほぼ各店舗に中国語を話せる店員さんがいたようです。ベルリンのKaDeWeでも同じような光景でしたが、パリはスゴイ!メンズ館・レディース館・グルメ館と建物が分かれていて、グルメ館にはピエールエルメやサダハルアオキも入っていました。
屋上からの眺めです。
その①
_IMG_4738 (2)


その②
_IMG_4740_20171011165612e8a.jpg


感想としては、色々買い物したい場合は、パリほど混んでいないストラスブールに行くのがいいかな(汗)ということですただ、やはり一度は世界的に有名な美術館、建物などを見て回るのは楽しいと思います(夫を説得中)。フランスのメーカー「ティファール」の製品はドイツよりたくさんあり、目移りしてしまいました。


今回は、行ってみたいなと思っていた陶器の店「Astier de Villatte」でお皿と花瓶を買って来ました。幸い日本人の店員さんがいらして、欲しかったものを購入出来ました。日本料理店もとてもたくさんあり、住んでいる日本の方もとても多いのだなと思いました。本当に魅力的な街です。フランス語の文章をいくつか頭に入れて話してみましたが、あっさりと英語で返され終了この冷や汗の感じは、ドイツ語を覚えたての感じと似ていると思いました。簡単な会話くらいは、頑張って話せるようになりたいなぁ~。


夢のような一日が過ぎ、また日常が戻りました。秋が深まって来た今日この頃…先日花屋さんで秋らしい花を見付け、花束にしてもらいました。
_IMG_4752 (2)


冬用タイヤにしてもらいましたが、そのお話はまた次回書きたいと思います

  (J)
スポンサーサイト

ほったらかしの宿?

9月中にもうひとつ記事を書きたいと思っていましたが、間に合いませんでした
新年度を迎え、レッスン時間割は開始が早く終わりも少し早くなりました。しかし夜7‐8時は道が混んでいることが多く、意外に時間がかかり・・・う~ん、という感じです。でも早く慣れるといいなと思います。

9月初めに日本から戻り、荷解きの際にリモワの車輪が取れてしまいました。早速修理してくれるところを探すと、車で15分ほどの所にあったので、持ち込みました。すると・・・
_IMG_4644_20171001040034628.jpg


こんな風に、4輪全部取り換えて下さいました。かれこれ10年使っているので、ひょっとして・・・買い替えか?と思っていましたが、まだまだ活躍してくれそうです
あっという間にやって下さるプロの技を間近で見て、感動しました。
_IMG_4645_20171001040035616.jpg


仕事が始まる直前の2日間を利用して、フライブルクへ出掛けました。急に決めたのでお気に入りのホテルは満室で、今回初めての所にしました。
以前も入ったカフェで、またまたキッシュを(顔がこわい!)

_IMG_4654_201710010400403a7.jpg


夫はサラダを注文しました。
_IMG_4653_201710010400387e9.jpg


今回のお部屋は広くて、とても素敵でした(もう一部屋小さなベッドルームがありました)。
_IMG_4647.jpg


駐車場の入り口が分からなかったので、近くに車を停めて夫に聞いてもらいに行くと「なんかさぁ、全然人がいなくて・・・」とのこと。結局建物の前に停めて良いことが分かり、中へ入りました。ホテル内のレストランが休業日ということもあり、余計人が少なかったようです。にしてもホテル内に人が全然いないキッチンの奥にいた方が鍵を下さり、部屋へ行きましたが、夫は名前も書かなかったようです。ネット予約を済ませているとはいえ、すごいざっくりいいんですかぁ~?いいんです。

街まで市電に乗り、色々歩いて夕食も食べて、午後10時半頃帰って来たら、入り口の所でようやくお年寄りのグループに会いました。翌朝もこの方たちと一緒の時間に朝食を食べました。ほったらかしな感じは続いていましたが、コーヒーも朝食もおいしかったです。チェックアウトの時もほったらかしな感じで、あっさりさようなら
でも、嫌な感じは全然なくて、自由でした。不思議な宿だったなぁ~


さて、地味地味な小旅行では、
カフェに入ったり(←うしろのモザイクの絵が面白い)
_IMG_4655.jpg


お決まり、大聖堂の前で
_IMG_4656.jpg


宿でも一枚、街から少し外れた、緑の多い場所でした。
_IMG_4659.jpg


レストランの食事もおいしかったですが、翌日入ったMarkthalleで食べた出来立てのエビ料理が絶品でした。フードコートで、色々な国の料理が食べられます。これはブラジル料理だったかな?
_IMG_4660.jpg


さて、仕事が始まって少したった頃、日本から封筒が届きました。中を見たら・・・
茅の舎のだしでしたとてもおいしいと聞いていますが、まだ使ったことがなかったので楽しみです。日本のコンサートに来られなかった方がわざわざ送って下さったのでした。とても嬉しかったです。
_IMG_4673_201710010400477e4.jpg


庭のバラを飾ったり、
_IMG_4678_201710010400499ff.jpg


ある日、早朝の歯の点検の後に花屋さんに寄り、バラの鉢植えを思い切って買いました。
_IMG_4680.jpg


ついでに唐辛子も・・・
_IMG_4684_20171001040053212.jpg


10月3日はドイツの祝日(統一記念日)ですが、日曜日と祝日に挟まれた2日の月曜日も学校が休みになるため(=Brückentag)、音楽学校のレッスンも休みです。この休日を大事に過ごしたいと思います。10月下旬の講師のコンサートでは、連弾でシューベルトの幻想曲、フルート伴奏でボルヌのカルメン幻想曲、サックス・ギター・ドラムと「イパネマの娘」「枯葉」などを演奏するので、準備しています。
夜遅い時はこのように電子ピアノで・・・(夫練習中)
_IMG_4679_20171001040050add.jpg


ところで、9月半ばから指の皮がボロボロ剥けて、乾燥し、ひび割れて血が出てしまい、皮膚科に行く時間がなくとても困ったのですが、軟膏と使い捨て手袋を使って水をあまり使わないようにしたおかげか、ほとんど良くなりました。湿度の高い日本から低いドイツへ来たからかなと思いましたが、今まではなかったので「???」と不思議です。ただ季節の変わり目で発症することもあるようです。朝晩の気温差が大きく、生徒たちも長い休みから学校生活が始まり、毎度のことながら結構皆風邪をひいているので、風邪にも怪我などにも気をつけたいと思います。
先日スーパーでシュトレンを見かけて「ひえーっ、まだ9月なのに!」と思いました。来年のカレンダーに予定を書き込んだり、そろそろ冬用タイヤに替えたり、「待って~」とちょっと気が焦ってしまいますが、こういう時こそ落ち着いて生活できるように心掛けていきたいです。

  (J)

夏休み、日本で

前回の記事からひと月以上空いてしまいました

8月下旬に日本に帰りました。今回は夕方、家を出発しました。空港の駐車場に車を預け・・・
_2_20170919164116f09.jpg


こちらの駐車場はほぼ満車のようでした。皆休暇に出かけています。
_IMG_4545.jpg


記念にもう一枚(←すみません・・・兄に送ったので変な顔をしてます)
_IMG_4546.jpg


一人の時と違ってリラックスできるせいか食欲があり過ぎて、フランクフルトの空港でレストランに入って食べ、機内食も食べ、おにぎりも食べ・・・とてもおいしかったです少し遠回りをして、実家に着いたのは翌日の夜。母の作った海鮮丼とお味噌汁・・・こちらもとてもおいしかったです。
_IMG_4553.jpg


ゴーヤを炒めたものも苦みが病みつきになり、何度もリクエストしてしまいました。
_IMG_4554.jpg


せっかくの一時帰国で行ってみたい、やってみたいということもあったのですが、一番の目的はコンサートでしたので、あまり欲張らずに過ごしました。
そんな中、横浜へは今年も行きました
みなとみらいから歩いて、野毛の居酒屋さんへ。たくさん食べました
_IMG_4567.jpg


夜遅くに入ったコンビニでは、色々な面白い物が売っていて感動しました。アイスカフェオレもおいしかった・・・
翌日は思い立って横浜でピアノスタジオを予約し、夫と弾き合いをしました。とても理想的なスタジオで、また使いたいと思いました。


実家に咲いている「オーシャンブルー」が今年もきれいでした。見ると元気になります。
_IMG_4605.jpg


帰国して最初の日曜日には、昨年と同じく海のそばのホールでコンサートをさせて頂きました。楽器はベーゼンドルファーのインペリアルで、響きも良く、時間があっという間に過ぎて行きました。終了後にはお客様と話す機会があり、あらたな出会いもありました。夏の帰国とコンサートは暑さと湿気、時差などがあるので油断しないようにしています。


翌週のコンサートには、先生方、同級生、以前の生徒さん達が聴きにいらして下さいました。今回は意外?な衣装にチェンジをしたので、楽しかったようです。先生方にはいつも励ましの言葉を頂いています。まだ暑い中遠くまでいらして頂き、感謝と共に、これからも頑張っていきたいと思います。幼なじみの友人たちにもコンサートのお手伝いをして頂き、感謝しています。
今回のプログラムではあと2回コンサートをする予定です


コンサート後、片付け、パッキングも後回しにして向かったのは、一番年上の従姉妹が企画してくれた「いとこ会」でした(夫も同行)。おいしいお魚を色々食べて、話もできて、楽しい時間でした。
_IMG_4619_201709191641264ec.jpg

パッキングは翌朝早起きして行いました。中身は主に衣装と食料品です
今回は憧れの「Astier de Villatte」のお皿を一枚購入したので、それを割らないように持って帰るのが課題でした無事持ち帰りましたが、まだ使っていません)

羽田でおいしい焼肉を食べ、無事ドイツに戻って来ました。毎年のことですが、すっかり寒くなっていて早速暖房をつけました。
新年度、ドイツでの日常はまた次回ブログで書きたいと思います

  (J)

寒い一週間、コンサートに向けて

先週に引き続き、主に演奏会に向けて準備をして過ごしています。
先週の月曜日に、夫が近くの花屋さんで花束を買って来てくれました。そしてこの花束、1週間たった今日もとても元気に咲いています
_IMG_4505.jpg


この日は素晴らしいお天気しかし翌日からは毎日雨や曇り、そして気温もどんどん下がっていきました・・・
_IMG_4504.jpg


雨が降り、暗く寒い。悲しくなるほどです・・・思わずビデオを撮ってしまいました。
こちらですまるで・・・冬?


帰国まであと少し、「2017年版・欲しいものリスト」を作成中です。食卓に置いておき、気付いたら書き込んでいます。
欲しいものリスト


こちらは昨日の練習の様子です。
_IMG_8312.jpg


今回のピアノデュオコンサートは、ウィーンにゆかりのある作曲家の作品を演奏します。4月に訪れたウィーンの様子を思い出しながら、弾いています。
その時の記事はこちらですウィーン小旅行・おさらい



コンサート情報:
2017年9月3日(日)
辻 純子・淵脇広宣 ジョイントコンサート
会場:神奈川県南足柄市文化会館小ホール
開場:13:30 開演:14:00
曲目:ピアノ独奏・・・シューベルト作曲ピアノソナタ第20番イ長調、リスト作曲メフィストワルツ
ピアノ連弾・・・モーツァルト作曲フィガロの結婚より「序曲」、ヨハン・シュトラウス2世作曲美しき青きドナウ、春の声
日本の四季イン・デュオ
チケット:全席自由2,000円(学生1,000円) 未就学児の入場はご遠慮下さい
お問い合わせ:fuchiwaki@web.de

こちらがコンサートのチラシです。
_ジョイントコンサート2017年

素晴らしい名曲の数々を、ぜひ、お聴き頂ければ嬉しいです

今日(月曜日)は晴れました。気温は23℃ほどです。予報によれば明日まで晴れるとのこと。洗濯機も食洗器も回しました。久しぶりの晴天で庭のリスも大興奮(!?)です。
またしても動画を撮っちゃいました。画面上のほうを、すごい勢いでリスが走ってます
こちらです訪問者


急な寒さのせいか、2,3日鼻が詰まりよく寝られない日が続きましたが、ようやく回復しました。夫も芝刈りをした時に虫に刺されて腕が腫れていましたが、治ったようです。引き続き体も心も元気な日々を過ごしたいです

  (J)




楽しい時間

コンサートの準備で、ソロ曲は別々に練習、そして夜に連弾の合わせをしています。練習の合間には日本の知人に案内のお手紙を書いています。普段はそれほどマッサージに行こうとは思わないのですが、弾き込んで行くにつれ腕の付け根に張りがあるようで、夫と一緒に今日(日曜日)タイマッサージに行って来ました。60分みっちりの全身マッサージはとても効き、イタ気持ち良かったです夫と同じ個所で「ウゥーッ」とうめいてしまい、痛いところが同じ!と笑ってしまいました

ところで今は作ってみたかった「オレオのベイクドチーズケーキ」を焼いて、冷ましているところ。このために18センチのケーキ型も買っちゃいましたお菓子作りにあるまじき行為(=分量の変更)をしたせいか、型から生地がちょっとはみ出てしまいましたが、その部分を食べてみたらとってもおいしかった次回は正しい分量で作りたいと思います。冷蔵庫に一晩入れ、明日の朝頂きます
_FullSizeRender (3)



夏休み中は食事がゆっくり摂れます。
_FullSizeRender[3]


豆腐ステーキや・・・
_FullSizeRender_20170807061733b95.jpg


休み中はニンニクだって食べちゃう夫特製のキムチ
_FullSizeRender[1]


鶏手羽を酢で煮たもの
_FullSizeRender[2]


またまた餃子も・・・!作ることも含めて、食事の時間は今一番のリラックスタイムです。
_IMG_4490.jpg


さて、前回のブログに書きましたが、先週末にアウトレットに行ったあと街に行き、い~い具合に疲れた状態で素敵な家具屋さんに入った私たち。偶然とても良い感じの食卓を見付け、購入を決めてきたのでした。そしてその配送が土曜日にありました。12‐14時とのことで(10‐18時とかじゃなくて良かった)11時半頃からスタンバイしておき、14時半にみえました。組み立てるのかなと思ったら、わっせわっせと男性二人で運んじゃいました
「わ、大きい」と思いましたが(家具屋さんでやはり広いのですね!)、やっぱり素敵です。今までの食卓は移動させ、書きものをする時の机として使うことにしました。
初めての食事は、トマトの冷製パスタ・サラダ・生ハムというちょっと手抜きメニュー(!)ですが、毎回の食事が楽しくなりそうです。
_FullSizeRender (2)

週末はカラッと晴れましたが20℃を少し超えたくらいで肌寒いので、油断せず、またあらたな1週間を過ごしたいと思います。揉み返しイタ~


  (J)

このページのトップへ