通勤手段

お久しぶりです。
すっかりブログを書くのを、妻にまかせっきりになってしまいました。

私たちが仕事に行く手段。
妻は車、僕は自転車です。
ほぼ毎日、自転車を通勤する電車の中に持ち込み移動しています。

前に使っていた自転車を盗まれてしまったので、
昨年6月に買った自転車がこちら。

_IMG_0586.jpg

Bergamontと言う所の自転車で調べてみるとドイツの会社でした。
21段変速で前に使っていた自転車に比べると、とても走りやすいです。

最近では、仕事場の方向が一緒だと帰りに拾ってもらう機会が出てきました。
車の後部座席を倒し、二人でえっちらおっちら。
なかなか一人では積みこむことが出来ず、毎回結構大変。
そんな状況が一年ほど続き、先日この自転車を買いました。

_IMG_2049.jpg

DAHON Mu P27 です。
折り畳み自転車で有名なDAHON。
僕が探していた条件はタイヤが20インチ、変速ギアつき。
以前本当に安い折り畳み自転車を買ったのですが、
乗り心地が悪く、しかも転んで骨折までしてしまいました。
その時の自転車は、タイヤが16インチ。
その苦い経験から折り畳み自転車を買うのをためらっていました。

前にも書きましたが、何か物を新しく買うまでが長い僕。
Youtubeやネットで色々な情報を集めました。
最初は同じシリーズのMu 24と言うのにしようかと思ったのですが、
27段変速ギアと言うのに惹かれ、この自転車に決めました。

自転車屋さんで調整してもらうために3日かかり、
まだか、まだかと待っていよいよ初乗り。

_IMG_1305.jpg

ここは僕がいつも仕事へ行く時に通る道。

_IMG_2293.jpg

こんな稲穂の中を通ったりしました。

感想。

すっげぇ!!!!!!
何だ、この快適さ!!
速えぇぇ!!!!
普通の自転車よりも早い!!
軽い!!!


とっても感動しました。
車に積み込むのも超簡単。

さて、前回の動画に関連してですが、
いつも曲がっている道を行こうとしたら、おじさんが立っていて、
ストップストップ!!!
と大きな声。
なんだろうと見ると。。。
この景色。

_IMG_2212.jpg

ヤギなのか、羊なのか大群でこちらに向かってくる。
数匹の犬も前と後ろでこの大群を管理。

_IMG_2214.jpg

聞いたら500匹はいるとのこと。
しばし唖然、アOプスの少女のテーマソングが頭を駆け抜け、
思わず写真と動画を撮ってしまいました。

今はこの2台を目的に合わせ使い分けています。
安全運転でいきたいです。
では、仕事に行ってきます。
(H)
スポンサーサイト

秋休み恒例の!? 食事編②

お店も人も多いベルリン。
たくさん歩くので、腹ごしらえは大事


まずは前回も朝食を食べたパン屋さん。
今回もおいしかった
_IMG_1007.jpg


こちらは最終日、ク―ダム近くのレストランでのブランチ。
夫が「ここなんかいいんじゃない?」と言ったお店は、とっても居心地が良くておいしく、目にも美しい朝食でした。
_IMG_1011.jpg


夫はゆで卵、私は目玉焼きを注文。
_写真 1


こちらも夫がチェックしていたというレストラン。
遅いお昼を夕方4時頃食べました。
夫はお店のおすすめプレート(主に肉)、私は「ズルツェ(ドイツ風煮こごり)」を注文。
(お肉も分けてもらいましたぁ)
_写真 4 (2)


遅い昼食となったので、夜は近くのスーパーで果物やサンドウィッチを買い、部屋で食べました。
歩き疲れた体を休めつつ、普段見ないテレビを見ながらホテルの部屋でくつろぐのも良い感じ
_IMG_1004.jpg

旅の最終日。
イタリアンに始まり、イタリアンに終わる(なんじゃそりゃ)。
というわけで、再びこちらに寄りました。
_写真 4


次はいつ来ることになるかなぁ。
今は、ベルリンの壁崩壊25周年の記念行事のまっただ中のよう。
何度来てもまた来たくなる場所です

観光編につづきます・・・。

  (J)

復活祭 2014

4月もいよいよ後半。

今週はキリスト教の復活祭がありました。
クリスマスと並ぶとても重要なものです。
教会の数に比べてオルガン奏者が少ないため、
この時期になるとオルガン奏者としての仕事を頼まれることがあります。
今年もいくつかの教会へ行って来ました。

ここはある町のカトリック教会。
コーラスとオルガンは一般の参列者が座るフロアです。
椅子が木製で清潔感があります。

St.Josef 2

そのフロアを上から見ることができる場所にコーラスとオルガンの場所があります。
そこから下をのぞくと、
椅子の配置によって床に大きな十字架が見えてきます。

St.Josef 3

ミサが始まる前に外では焚火が行われました。
これは長い冬を払い春を迎えるとか、
家の灯りや食事を作るための火を各家庭に配るなどの言い伝えがあるようです。

St.Josef 1

その焚火を神父さまがろうそくに燈し、
参列者全員のろうそくに火を渡していきます。

St.Josef 4

ミサの前半は伴奏する楽器の音は一切なし、明りも一切なしというものでした。
これが結構神秘的。
参列者やコーラスの人たちもろうそくを片手に、
前半のミサで歌われる曲の楽譜を見ています。
僕にとってカトリックの復活祭は初めてだったので、
式の人にオルガンもろうそくの灯りで弾くことになるのかと尋ねたら、
ちゃんと電気が点くとのこと・・・。ほっ

St.Josef 5

後半は普通の灯りのもと、コーラスの演奏。
オルガンで伴奏をしました。
コーラスの中にはご高齢の方も(80歳代)いらしたのですが、
リハーサルの時よりも集中していて息もぴったり!!
3時間という長いミサでしたが、無事に終わることが出来ました。
帰りにはコーラスの人々全員と握手をして、
「あなたにとって素晴らしい復活祭の休日でありますように!」
と願ってミサが終わりました。

  (H)

天使と悪魔の囁き

いつも仕事に使っているリュックが壊れてしまいました。
大概のものであれば直して使う僕。
新しいものを買う前に、家にあるもので済ませようと考える僕。
壊れた直後には妻のリュックを借りていました。
しかしやはり女性物。
色々な部分が僕には合わなかったのです。
そして来たのがこの休暇でした。
二人とも風邪をひいていたこともあり、
かなり慎重に動いていましたが、
お店で色々なリュックを見たり、街行く人々のカバンを眺めたりしていました。
今まで使っていたのは超有名Outdoorメーカーのリュック。
今回は違う物にしようと考えていました。
僕は新しいものを買う時に、

妻があきれるほどに迷います。

本当に迷います・・・・・

インターネットで色々な情報を調べて、
最後には何が何だか分からなくなります。


このメーカのリュックを見たのはいつごろだったでしょうか・・・
10年ほど前だったと思います。
何も情報を持たずに見た瞬間、

「か、かっこいい・・・・」

と思ったのをよく覚えています。
最近ではビジネスマンが空港で手提げタイプを持っているのを見かけます。

「TUMI」です。


僕が最初に思っていたのは50Euroくらいのリュック。

そこで天使の囁きが。

「もうこの年齢になったら良いのを買わなければ!」

う~む・・・・・・

ついでにインターネットでどんなタイプのカバンがあるかをチェック。

そこで悪魔の囁きが。

「これもきっと使える、イッヒッヒ」

これは小さな肩掛けタイプのカバン。

一つ持っているのですが、
これもまた10年以上使っている年季の入った品物。
まだ壊れてはいませんが、
演奏会に行くには少しカジュアル。
一つ必要ではありました。

夜中2時頃、思考回路もだいぶおかしくなって来ていて、

もうすぐ休暇も終わってしまい、仕事に必要という切迫した状況。

インターネットは恐ろしいです。
買ってしまいました・・・。
_IMG_3014.jpg

_IMG_3015.jpg


これからしばらく大根と人参の皮だけをおかずに生活しようかと思います。

ということがありました。
そして、今日から仕事再開。
無事、この鞄もデビューです。
Tumiさん、これからよろしくね!!

(H)

思う存分・・・!?

今日も昨日に引き続き、素晴らしい晴天でした。比較的暖かく春のようでした。
今夜は、先週の金曜日に演奏会でご一緒した方をお一人お招きして、たっぷりワインを飲もう!ということになっていました。
普段は私が夫の酒量をチェック(!)していますが、この日はお酒好きなこの方と夫に思う存分飲んで頂きましょうと私も太っ腹。

男同士「ワインは赤で」と話が済んでいたらしく、お料理はそれに合うようなものを夫が作ってくれました。

牛肉のカルパッチョ
エンダイブとトマト、マッシュルームのサラダ
自家製パン&先日の木窯のパン
イタリア風前菜

そしてこの日はたまたま、共同購入したお魚が届いたので、サバの竜田揚げを作りました。全然合っていませんが

テーブルには先日購入した銀のお皿に、昨日見つけた素敵な花を飾り、この後隣にロウソクを立てました。
_IMG_2993.jpg


日が伸びて、午後6時近くでもまだ明るいです。
テーブルはこんな感じになりました。
_IMG_2995.jpg


イチゴのようにみえますが、トマトの中にチーズが入ったもの、黒オリーブ、パプリカの中にチーズが入ったものと3種類。盛り付けは夫がしてくれました。
_IMG_2997.jpg


この後、早速乾杯してお料理とおしゃべりが始まったのですが、男性二人の飲みっぷりが良く、次第に話を聞いていても何やらあまり噛み合っていない様子。しかしとっても楽しそう
夜も遅くなりそろそろおひらきに・・・と思いましたが、ちょっとお客様の足取りが心配だったので、家まで彼を送って行きました。初めは夫が一人で送って行くと言ったのですが、夫もだいぶ酔っていてアブナイと思い私も一緒に行きました。
約一時間後に帰宅して、後片付けをしてこのブログを書いています。
夫は既に気持ち良さそうに寝ていますが、久しぶりの美味しいお酒を楽しめたかな??と見ていて思いました。

明日は大人の生徒さんがレッスンに来ます。休暇は今日でほぼ終わりですが、のんびりとした気持ちで二人とも元気になれて良かったです。また頑張りたいと思います。

  (J)
このページのトップへ