音楽と日々の暮らし

ウィーン小旅行・おさらい

今週は雪が降って、再び寒い日々となっています。
楽しかったウィーン小旅行から1週間がたちましたが、もう一度おさらい記事を書きたいと思います


街の中心にあるシュテファン大聖堂
_IMG_7788.jpg


楽友協会。
夫は以前ここで演奏したことがあるのですが、その時のブログがこちらです→必見!?ウィーンの風景~Galerie aus Wien~
(私は5年くらい前と思っていましたが、ナント7年前でした
_IMG_7796.jpg


Brauereiを発見し、遅い昼食を食べました。私は牛肉をスープで煮たもの、夫は鶏肉を注文しました。じゃがいもはドイツではKartoffel(カルトフェル)ですが、オーストリアではErdapfel(エアド=大地、アプフェル=りんご)というのが面白かったです。とてもおいしくて感動しました。夫はここで頂いた白ワインが気に入り、お店の方に売っている場所を聞き、この後買いに行きました。
_IMG_7808.jpg


たった1泊の小旅行ですが、お米が恋しくなってしまい・・・ホテル近くのスーパーMERKUR(メルクーア)でお寿司を買いました。今まで食べたスーパーのお寿司の中では一番日本のお寿司に近く(!)おいしかったです
_IMG_7810.jpg


宮殿のコンサート終了直後の様子。まだ熱気が残っています。ピアノはこちらも、ベーゼンドルファー
_IMG_7814.jpg


有名なカフェがたくさんあるウィーンですが、2日目にザッハトルテで有名なホテルザッハーのカフェに行ってみました。
夫が頼んだアプフェルシュトゥルーデルと・・・
_IMG_7817.jpg


私が頼んだザッハトルテ
_IMG_7818.jpg


飲み物はWiener Melange(ウィーナー・メランジュ)と確か・・・Verlängerter(フェアレンガーター)を注文。コーヒーの呼び名もドイツとはだいぶ違いました。(「普通のコーヒー」がなくてブラックコーヒー好きの私たちは「普通のコーヒー飲みたい」と旅の最後に言い出す始末・・・)朝10時頃お店に入った時にはすぐに席に通されましたが、出る時にはもう行列が出来ていました。あっ、肝心なお味ですが、チョコの甘さと生クリームのバランスが良く、食べやすく、とてもおいしかったです。また是非訪れてみたいです

シェーンブルン宮殿の美しい庭
_IMG_7821.jpg


たくさんの観光客で賑わっていました。
_IMG_7823.jpg


バスに乗り、1日目と同じブロイエライでお昼ご飯を食べました。前日は午後3時頃でお客さんはほぼいませんでしたが、この日はお昼の時間帯だったので満席夫はお店のおススメニジマス、私はウィンナーシュニッツェルを食べました。サクサクでお肉は柔らかく、大満足です。次回もまたこのお店で食べたい・・・
_IMG_7833.jpg


意見が一致して、ベートーベンが手紙を書いたことで知られるハイリゲンシュタットへ行くことにしました。
そこからバスに乗って、ベートーベンハウスに着きました。ここでは手紙の全文の朗読や後期の作品をCDで聴いたり、肖像画、遺髪などの展示品を見学しました。ウィーン郊外のこの場所はとても静かで、印象に残りました。
_IMG_7836_20170420183637dfa.jpg


その後はバスと地下鉄、市電を乗り継いで中央墓地にやって来ました。広いので、駅もTor(門)1からTor4までありました。Tor2で下車し、地図を見てから歩きました。とても有名なこのブロックには中央にモーツァルト記念碑、そのそばにベートーベンとシューベルト、ブラームスとJ・シュトラウスなどのお墓があります。
_IMG_7837.jpg

少し慣れてきた頃に帰る時間がやって来て寂しい気持ちもありますが、また是非来てみたいと思います

  (J)

スポンサーサイト

PageTop

イースター休暇その2 ~音楽の都~

アロマオイルについては、のちほどもう一度書きます
翌日は小旅行へ・・・今回の行き先はウィーン
私は20年ほど前に一度、夫は5年ほど前に一度訪れたことがあります。
ウィーンの空港はとても近代的でした。
_IMG_3935.jpg

そして広い
_IMG_3936.jpg


ホテルはWestbahnhofのすぐそばに取りました。「前回泊まったところにしよう!」と夫。しかしホテル入り口で「ここじゃなかったかも・・・」と軽くショックだったもよう。
_IMG_3942.jpg


お部屋は落ち着いた雰囲気天井が高くて静かで、快適でした
_IMG_3941.jpg


朝が早かったので、朝食をとろうと街の中心地・シュテファン大聖堂に向かいました。
_IMG_3947.jpg


内部の様子。
_IMG_3952.jpg


ウィーンのカフェの様子。メランジュを注文しました。お水の上にスプーンが。これぞウィーン、感激
_IMG_3950.jpg

とても人が多く、世界的な観光都市なんだなぁとつくづく思いました。
街の様子。
_IMG_3954.jpg


馬車も観光客を乗せて走ります。
_IMG_3951.jpg


ウィーン国立歌劇場と「ヘルベルト・フォン・カラヤンプラッツ」の標識。
_IMG_3957_20170414185656e38.jpg


庭園が有名なシェーンブルン宮殿へ。
_IMG_3972.jpg

広さに圧倒されます。
_IMG_3969.jpg


20年前の旅行でおいしい食事をしたRatskellerに行ってみました。時間外で食事はしませんでしたが、懐かしかったです。カフェとレストランはとてもたくさんありますが、どこが良いのやら・・・夫が「こういう時はBrauerei(ビールの醸造所、ビアレストラン)を探そう、たいていおいしいご飯が食べられるから!」と言い、いつもの嗅覚で発見ここが素晴らしく、翌日もまた行ってしまいました。


夜は楽しみにしていた宮殿でのコンサート。モーツァルト、シュトラウスの名曲を聴きました。ドレスを着たダンサーが音楽に合わせて踊り、優雅な時間でした
_IMG_3965.jpg

またまた長くなってしまったので、続きはまた書きます・・・。

  (J)

PageTop

魅力的な街・ストラスブール

ボン・ケルン小旅行の翌日は、ピアノのレッスンにいらしているFさんとのストラスブールお買い物ツアー(!)へ
朝8時半に中央駅で待ち合わせ、TGVに乗って出発列車はほぼ満席。聞こえてくるフランス語が心地良い~
1時間ちょっとでストラスブールに無事到着。天気予報では33℃まで上がると書いてあったけど、朝10時ですでにだいぶ暑い!!

駅から少し歩き、お買い物街へ。Fさんお気に入りの文房具屋さんで、まずはカードを買いました。ため息が出るような、かわいいカードたち。
バラを売っているお花屋さんは、店先に花びらを散らしていたり・・・絵になる風景がたくさん。

気になるところを端から見て、あっという間に時間が過ぎてゆく~

「一言でいいからフランス語を話す」という目標を持っていた私ですが、Fさんのあとに続き、おそるおそる「Bonjour!」と挨拶する程度(←しかも小声)。いやー、やっぱりドキドキするなぁ。
それにしても、語学が堪能なFさんは店員さんと楽しそうに会話していて、見ていてとてもほんわかしました。ドイツでも、こんなふうに会話したらいいのかな、と思いました。
洋服を見ている時など、店員さんはピッタリくっついて来るわけでもなく、かと言って無視しているわけでもなく、良い感じの距離感で、ゆっくり見ることが出来ました。

そんなことを考えているうちにお昼近くなり、おすすめのパティスリーへ。
もうほぼ満席!でしたが、おいしい昼食を頂きました。


私は自家製フルーツジュースと、サーモンのカクテルサラダ、そしてじゃがいものガレットを注文しました。
_IMG_1666.jpg
Fさんはワインと白アスパラガスのグリルを・・・。

デザートは、中央にあるケーキのショーケースの中から選びました。
私はブルーベリーの載ったエクレアを。中のチーズとの相性が絶妙!!こんなおいしさは初めてでした。
_IMG_1668.jpg

もうひとつ感動したのは、お店の雰囲気です。黄緑色のテーブルにぴったりと合う深い紫色の椅子は、本当にきれいでした。
(画像に写っていないのが残念!)
_IMG_1663.jpg


食事の後はまたまたキャンドル、洋服、バッグ、アクセサリーなどを見て回りました。

そうして連れ帰ったのがこちらです・・・
vanessabrunoのトートバッグ
クロ―ディピエルロの服
ディプティックのキャンドル
_IMG_0427.jpg


帰り際に駅構内にあるPAULでFさんがバケットとスムージーを買って下さいました
_IMG_0422.jpg


味がしっかりしていて、もちもちしていて、おいしかった!
_IMG_0423.jpg


せっかくなので、おいしいフォアグラをお土産に買って帰ろうと、お店を教えて頂きました。
夫も喜んで食べていました。バケットと合います
_IMG_0425.jpg


さてこちらが買って来た服。

こちら後ろです。この「ひだ」にやられました・・・
_IMG_0428.jpg

インナーには何を着よう?そしてお洗濯はどうしましょ。あは。
_IMG_0429.jpg


もう一枚、こちらも紺色。袖口の「リボン」にやられました・・・
_IMG_0432.jpg


初ディプティックはこのキャンドルにしました。
_IMG_0433.jpg

おまけ・・・お庭の花もきれいです。
_IMG_0434.jpg

もう少し書きたいこともあるのですが、今日はこのあたりで・・・。また続きを書きますっ
通訳をして下さったFさんのおかげで、とても楽しい時間でした。あっ、「お会計お願いします」だけしゃべりました(汗)。

  (J)

PageTop

イタリアへ・その4

アッという間に10月もあと一週間ほどとなってしまいました。
イタリアの記憶が薄れつつありますが(!)、最終編です


帰りも壮大な景色を見ながらの移動でした。
写真 1 (2)


ホテルの部屋を出るとこんな風景が広がっていました。
_IMG_5070.jpg


10時間かけ、無事に音楽学校に到着。
そこからは電車で15分ほどで家に着きました。
夫がおいしい夕食を準備してくれていました。牛肉のカルパッチョ風
_IMG_5072.jpg


バルサミコ酢を使った特製サラダ
_IMG_5075.jpg


イタリアから戻って一週間後、この音楽学校のオーケストラと地域の合唱団が参加する演奏会で私もピアノを弾きました。
2時間半の長い演奏会でしたが、300人ほどお客様も来て下さり気持ち良かったです。
最後に、素敵なお花を頂きました。
_IMG_5093.jpg

日頃はドイツでの生活に馴染もうとしている(←いまだに・・・)私ですが、今回のように別の国から戻って来ると「ドイツはラクだなぁ」と感じます。でもまた機会があれば是非、イタリアをはじめヨーロッパの国々を見て回りたいと思います。

  (J)

PageTop

イタリアへ・その3

ブログの更新が滞ってしまいすみません。
イタリア旅行記、その3です

イタリア二日目は午前中にワインの試飲に出掛けました。到着すると中にはこんな場所が!まるでガソリンスタンドのよう。実際お店の方も「Tankstelle(ガソリンスタンド)」と呼んでいました
_IMG_4985.jpg


奥の棚にあるのが5リットル、10リットルの箱に入ったワインです。Tankstelleで袋に詰めたワインをさらに箱に入れます。箱には蛇口が付いていて、家で手軽にワインを楽しめるんですね
_IMG_4984.jpg


こちらが広い駐車場からの景色。
このお店兼レストランではワインの他にサラミやバルサミコ、オリーブオイルも売っており、私は白ワインとバルサミコを買いました。
_IMG_4983.jpg


この日の午後は演奏会。
ご覧の通り、始まる前は寒さで(湖の目の前だったため)皆体を震わせていました。でも一旦演奏が始まれば、たくさん集まったお客さんの前で一時間の熱演でした
__IMG_5025.jpg


バスの中からの景色。
_IMG_4996.jpg


実際は縦の写真なのですが・・・よーく見ると、真ん中にロッククライミングをしている人が!!
_IMG_5001.jpg


のどかな風景がどこまでも続きます。
_IMG_5003.jpg


ガルダ湖のほとりを散歩。ちょっと寒かったですが
_IMG_5005.jpg


夜も散歩をしましたが、周りの明りに照らされてきれいでした。
_IMG_5006.jpg


この周辺にはお土産屋さんやレストランが建ち並び、賑やかです。
_IMG_5007.jpg


翌日はベネチアに一日遠足。トルボレからはバスで2時間半ほどでした。到着してすぐに船に乗り・・・。
_IMG_5035.jpg


出発!!
_IMG_5036.jpg


世界各国からの人・人・人「単独行動はしないように」と私たちも注意を受けてから散策しました。
_IMG_5041.jpg


ベネチアの鐘楼。
_IMG_5046.jpg


サンマルコ寺院。
_IMG_5051.jpg


今まで写真でしか見たことのなかった景色を実際に見て、感激
_IMG_5058.jpg


リアルト橋。
_IMG_5063.jpg


ベネチアでは、今回の旅で仲良くなったスペイン人のマリソルさんと一緒に街を歩きました。色とりどりの革製品を見たり、カプチーノを飲んだり。バスに戻るため再び船に乗り込むと、こーんな大きな豪華客船が!
_IMG_5066.jpg


す・・・すごい初めて見ました!!こんな船で世界を旅するなんて、ちょっと想像つかないなぁ~。
_IMG_5067.jpg

次回ブログでイタリア旅行記最終編(??)を書きたいと思います。
今週後半からはいよいよ秋休み先ほど、夫と小旅行の計画を立てたところです。諦めかけていたのでとっても楽しみ
今週も張り切っていきます。

 (J)

PageTop