FC2ブログ

音楽と日々の暮らし

南ドイツ在住のピアニストが、ドイツでの音楽活動や、日々の生活について綴ります。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

HALLOLE

Author:HALLOLE
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

心に残る週末

先週の土曜日はピアノデュオコンサートを行いました。
ボーデン湖に近いオストラッハまでは我が家から140km。
早い午後にかけて準備をし、午後2時に出発しました。
前日にナビが動くかどうかしっかり確認したにもかかわらず、いざ走り出してみると「検索できません」と出てしまい、夫にナビを頼みました。


アウトバーンにはのらずB27を使いテュービンゲンを通って目的地を目指しました。この日は素晴らしい晴天で、バイクや自転車が本当に多かったです。
_IMG_8570.jpg


緑の中で、たくさんの人を見かけました。
_IMG_8576.jpg


しばらくスピードを出して走ると次の町(村?)、そしてまたしばらく走り・・・とずっと繰り返していました。
_IMG_8581.jpg


そしてようやくOstrachの文字が
_IMG_8585.jpg


ちょうど2時間、無事到着しました
_IMG_8586.jpg


牧師さまと奥さんが迎えて下さり、バルコニーでコーヒーと焼きたてのHefezopf(三つ編みパン)を食べました。泊まらせて頂く部屋に案内して頂き、リハーサルの時間や翌日のシャワーと朝食の時間を決めたり、礼拝の打ち合わせをしたり、その後遠足の予定も入れて下さったりして、緊張しつつもワクワクしてきました。
以前ホームステイをさせて頂いたお宅でもそうだったのですが、私は時間を決めて行動するのが好きで(一人の時はぐだぐだですが)13時まで昼食、その後20分昼寝、とか細かく決まっていると嬉しくなります。ですので今回も時間通りに過ごさせて頂くことができてとても快適でした。


リハーサル風景を夫がEmpore(教会の2階席)から撮ってくれていました
_IMG_8589.jpg


午後7時半の開演まで2時間ありましたが、本番前はやはりあっという間に時間が過ぎ、コンサートがスタートしました。
まずはアイネクライネナハトムジークの連弾、夫と私のソロを2曲ずつ演奏し、再び連弾へと移ります。お客様の反応が私たちの力になるような、貴重な時間でした。西日が眩しくて鍵盤が見えづらい(汗)というようなこともありましたが、ドイツでは今までにも色々なおもしろハプニングを経験しているので、プラス思考で演奏しました。
そして無事終了しました。
_IMG_8598_201906050640558d6.jpg


終了後はお客様と色々な話をし、その後も教会隣の牧師さま宅に集まってワインを飲みながら話をしました。
コンサートの話、音楽学校の話、日本の話、ドイツと日本の違い・・・などなど話題は尽きず、部屋に戻ったのは11時半過ぎでした。


コンサート後はいつも眠りが浅めなので、この日も夜中に目が覚めたりしましたが、翌朝はおいしい朝食を頂き、9時から教会でリハーサル。この日は特別にオルガニストと私たちピアニストが奏楽を担当した礼拝となりました。前日のコンサートで知り合った方たちにまた会えて、とても嬉しかったです。


昼食に白アスパラとじゃがいものおいしいスープとクスクスのサラダを頂いて、少し昼寝をして、午後1時半にボーデン湖に向けて出発しました。私たちはボーデン湖といえばリンダウに行っていましたが、今回はMeersburg(メーアスブルク)からフェリーに乗りコンスタンツへ行きました。「日曜日は帰りにボーデン湖を見れたらいいね」くらいにしか話していなかったので、牧師さまご夫婦がこんな遠足を企画して下さってびっくりしました。


メーアスブルクの風景です。

_IMG_0011_201906050639480b1.jpg



_IMG_0012_20190605063949546.jpg



_IMG_0013.jpg


ただ、こんなに歩くとは思っていなかったので、短パンもなく、帽子は借りたもの。汗びっしょりになりました。
_IMG_0014_20190605063952e23.jpg


こちらは船の乗り場です。こんなに人がいるのか!というくらい多くの人で賑わっていました。
_IMG_0015_2019060506395498a.jpg


フェリーからの景色。
_IMG_0016.jpg


フェリーの上は風がかなり強く、冷たく、とても気持ちが良かったです。
_IMG_0017.jpg


涼し気な奥様に対して暑苦しい私の姿
_IMG_0018.jpg


夫はこの木が気に入ったようで、たくさん撮っていました。
_IMG_0019.jpg


気温は30℃を超えていました。
_IMG_0020.jpg


コンスタンツまではフェリーで15分です。こちらはコンスタンツのとても古い建物。一番古いと言っていたかな?
_IMG_0034.jpg


大聖堂です。
_IMG_0037_2019060506400442a.jpg


カフェでおいしいアイスカフェを飲んで、市内はバスで回り、帰りのフェリーに乗りました。
ひたすら美しい景色を眺めていました。
_IMG_0042.jpg


雄大なアルプス山脈。
_IMG_0048.jpg



こちら、教会前の掲示板。矢印がいいですね。
_IMG_8601.jpg


朝食後、礼拝で弾く曲のリハーサル。
_IMG_8602.jpg


礼拝後、昼食の前に一枚。
_IMG_8603.jpg



再びコンスタンツに戻って、こちらはインぺリア像。
_IMG_8612.jpg



楽しい時間はあっという間に過ぎ、午後7時過ぎ教会に到着しました。まだまだ真昼のような明るさで、「夕飯を一緒に食べてから帰りますか?」と聞いて下さったのですが、月曜日は夫が朝早く出ることもあり、帰って来ることにしました。
1日と少しの滞在でしたが、密度が濃く、素晴らしい週末を過ごさせて頂き、帰るのがつらかったです。
無事帰宅して、頂いたサラダを食べました・・・。


牧師さまご夫婦は最近教会を移られて、今回私たちはお二人を訪ねたのですが、また是非訪ねたいと思いました。


火曜日は夫が芝刈りをしてくれました。だいぶ伸びています。
_IMG_8627.jpg


週末の間にバラのつぼみが大きくなったようです。
_IMG_8628.jpg


芝刈り後の画像がうまく取り込めないので(!)次回載せたいと思います。
水曜日は急遽、歯医者さんに行くことに・・・。夜は大人の方の体験レッスンをします。来週からは再び休暇に入るので、引き続き元気に過ごしたいです

  (J)

スポンサーサイト

ピアノデュオコンサート

木曜日はキリスト昇天祭のため祝日でした。素晴らしい晴天で、気持ちの良い一日となりました。
今度の土曜日はボーデン湖近くのオストラッハという場所でピアノデュオコンサートをします。
今日はその準備をして過ごしました。
プログラムは、
夫のピアノソロがトルコ行進曲、ワルトシュタイン第1楽章
私のピアノソロが英雄ポロネーズ、飛翔
連弾で、
日本歌曲、アイネクライネナハトムジーク、ハンガリー舞曲、スラブ舞曲などを演奏します。

_klavierduo-konzert-20149-06.jpg


今週の金曜日は祝日と週末に挟まれているため、学校や音楽学校が休みの地域があります。
こちらは月曜日のレッスンで生徒のお母さんが持って来て下さったカップケーキ。この日は慌ただしくお昼をゆっくり食べる時間がなかったので、夕方においしく頂きました。
_IMG_8551.jpg


豚のかたまり肉を塩麹に漬け、玉ねぎ、白アスパラ、トマトなどの野菜とグリルしたものです。コンサートに向け、いつも健康維持が課題です
_IMG_8559.jpg

金曜日は出張レッスン。生徒たちは学校が休みなのでその分午前中から始め、夕方に終える予定です。帰宅したらコンサートの準備をしたいと思います

  (J)



コンサートのお知らせ

まずは、ピアノジョイントコンサートのお知らせです
こちらが今回のチラシです。
_IMG_6553.jpg


「辻 純子・淵脇広宣 ピアノジョイントコンサート」
2018年9月1日(土)・2日(日)
両日とも午後2時開演(午後1時半開場)
神奈川県小田原市 喫茶館 「銀の椅子」(小田原駅東口より徒歩4分)
全席自由 2,500円(ケーキ・飲み物付き)未就学児の入場はご遠慮下さい
お問い合わせ:fuchiwaki@web.de
(お席に限りがございますので、チケットを事前にお申込み下さい
<プログラム>
ピアノ独奏(辻)
ショパン・英雄ポロネーズ、スケルツォ第3番
ピアノ独奏(淵脇)
モーツァルト・ピアノソナタ(トルコ行進曲付き)、リスト=シューベルト・魔王
ピアノ連弾
ブラームス・ピアノ四重奏曲第1番(ピアノ4手編曲)
日本歌曲イン・デュオ 「浜辺の歌」「荒城の月」ほか

今回のプログラムでは、よく知られたショパンやモーツァルトの名曲と、ブラームスが20代前半で書いたエネルギー溢れるピアノ四重奏曲(ブラームス自身による4手編曲版)、美しい日本歌曲の連弾をお届けします。

こちらのお店ではたびたびコンサートをさせて頂いています。(一昨年の様子)
おいしい手作りケーキも毎回大好評です。
皆様にお聴き頂けますように・・・
_IMG_3073_20180816212641359.jpg

天気予報を見ると、しばらく最高気温が30℃くらいまで上がる日があるようですが、それ以上上がることはなさそうです。来週日本に帰国予定ですが、戻って来た時にはすっかり秋の涼しさだと思います。そう考えると、ドイツの夏はあっという間という気がします。
日本に着くとまず、毛穴(!!)が一気に開くのが分かります。体調を万全にして、コンサートに臨みたいと思います
ところで先日は、スパイシーなココナツカレーを作りました。
レッドカレーペーストを使い、こちらのスーパーで手に入る水煮の椎茸も入れました。おいしいので、色々な料理に使っています。
_IMG_6535.jpg


今回はSchellfisch(コダイというのだそうです)をフライパンでこんがり焼いてから、入れました。
_IMG_6536.jpg


他には玉ねぎ、人参、トマトも入れ、ココナツの香りが良い、おいしいカレーが出来ました。白米と玄米を半々にして炊いたのですが、それも合いました。
_IMG_6539.jpg


水曜日はリハーサルをしました。終了後、汗だくになったので昼食と休憩を兼ねて近くのレストランへ。
郷土料理のマウルタッシェンを注文しました。おいしかったです
「あ~、今食事の時間が楽しみ!」と言ったら夫に笑われました。
_IMG_6546.jpg


より良い演奏を目指して、姿勢や椅子の高さなどのごくわずかな調整などをしたり、コンサートが近付くと気持ちも高まるせいか、食事の時はホ~ッと楽しんでいます。
引き続き、気持ちも体も健康な日々を送りたいと思います


先日庭に目をやったら、とてもきれいに咲いているのが見えたので、写真を撮りました。元気が出ます
_IMG_6542_20180816223656654.jpg


  (J)

コンサートへ!

先週で雪はだいぶ溶け、春がもうそこまで来ています。
_IMG_5547_2018030817181923d.jpg


先週土曜日の夜は久しぶりにHefezopf(三つ編みパン)を焼きました。ふたつ同時に焼きたかったのですが、ご覧の通りひとつでオーブンいっぱいになってしまいました
_IMG_5526_201803081718107f5.jpg


焼き上がりです。綱のよう・・・
_IMG_5532.jpg


これを紙でくるんで、さらにアルミ箔で包み、完成
_IMG_5533.jpg


自宅用は日曜日の朝食で食べました。久しぶりの味、おいしい!レモンの皮のすりおろしが入っているので、さわやかな香りです。
_IMG_5539_20180308171814330.jpg


この日は、私の先生が企画しているコンサートを聴きに行くため、昼過ぎに出発しました。
いつも音楽学校に行く道を通りますが、ここでニュルンベルク方面へ。天気が良かったので助かりました。
_IMG_8915.jpg


家からオーバープファルツまでは280km。到着まであと100kmというところで休憩を取りました。
_IMG_8925.jpg


家を出る時は暖かかったですが、サービスエリアは寒かった
_IMG_8928.jpg


子供用の遊び場です。
_IMG_8930.jpg


あったかいコーヒーでホッ
_IMG_5542_20180308171816dfa.jpg


ぱちり。
_IMG_5544_20180308171817a8a.jpg


そして出発プラハの文字も見えてきました。今回の目的地からチェコとの国境まではわずか60kmです。
_IMG_8935.jpg


何もない
_IMG_8942.jpg

コンサート開始は午後4時で、30分前に到着しました。
プログラムはブラームスの、
ピアノ四重奏曲 作品26
ピアノ四重奏曲 作品25
でした。
ブラームスが20代前半で書いた曲で、エネルギーとアイデアに溢れています。先生の自然な体や指の動き、そして音楽はとても美しかったです。弦楽器の若い3人との共演は「おじいちゃんと孫」という感じ(←すみません)なのかも知れませんが、ひとたび演奏が始まれば、一体となっていました。

休憩で先生に会いに行くと「さぁ後半もfettiges Stück(こってりした曲)だ!」と仰っていて笑ってしまいました。
このコンサートは1週間続き、日曜日・ドイツ(ブラームス)、火曜日・ノルウェー(グリーグ)、木曜日・フランス(ドビュッシーとラヴェル)金曜日・チェコ(ヤナーチェク、フィシェル、スメタナ)、日曜日・ロシア(プロコフィエフ、ラフマニノフ、スクリャービン、カプースチン)というプログラムで構成されています。私は今まで5回くらい参加しているのですが、知っている方が何人もいらして懐かしかったです。1週間滞在したいところですが、休暇以外でレッスンを休むのはなかなか難しく、今回は一日だけです。

先生が監修したプログラム。カラーで、自筆の手紙、絵画、写真なども満載です。
_IMG_5558_201803081722043e3.jpg


終演後は先生のインタビューが終わるのを待って、近くのレストランに行きました。演奏者と市長、先生の奥さん、ホールの館長などでお肉を頂きました。夫は8年ほど前に先生に会って以来だったので、色々質問攻めにされていて面白かったです
あの大きい三つ編みパンを先生に渡して、午後8時過ぎに出発しました。日曜日なのでトラックは少なく、休憩なしで11時過ぎに家に着きました。先生からはメッセージが届いていて、「遠くからわざわざ来てくれてありがとう、とても嬉しかった!」と書いてありました。

今週はブラームスの音楽が頭から離れず、「音楽を聴くならいいスピーカーで聴きたい!」と話があらぬ方向に進んでおります
あっという間に金曜日ですが、調律にも来て頂いたので、週末はピアノの部屋をきれいにしたいと思います。まずは出張レッスンに行って来ます

  (J)

日曜日はデュオコンサート!~Am Sonntag haben wir ein Klavierduo Konzert!~

Am Sonntag haben wir ein Klavierduo Konzert.
_IMG_4912.jpg

Das ist das Programm:
Klavierduo
W. A. Mozart
(1756-1791)
Ouvertüre zur „Die Hochzeit des Figaro“

Klaviersolo
F. Schubert
(1797-1828)
Klaviersonate A-Dur, D 959      
Junko Fuchiwaki
1. Allegro
2. Andantino
3. Scherzo. Allegro vivace – Trio
4. Rondo. Allegretto

-Pause-
Klavierduo
Rentarou Taki
(1879-1903)
Frühling: die Blumen

Yoshinao Nakata
(1923-2000)
Erinnerungen an den Sommer
Kleinen Herbst gefunden

Kousaku Yamada
(1886-1965)
Petitka (Kaminofen)

Teiichi Okano
(1878-1941)
An die ferne Heimat

Klaviersolo
F. Liszt
(1811-1886)
Der Mephisto-Walzer Nr. 1 „Tanz in der Dorfschenke“
Hironobu Fuchiwaki

Klavierduo
J. Strauss Ⅱ
(1825-1899)
An der schönen blauen Donau
Frühlingsstimmen

日曜日はピアノデュオコンサートを行います。
プログラムはこちらです:
曲目:ピアノ独奏・・・シューベルト作曲ピアノソナタ第20番イ長調、リスト作曲メフィストワルツ
ピアノ連弾・・・モーツァルト作曲フィガロの結婚より「序曲」、ヨハン・シュトラウス2世作曲美しき青きドナウ、春の声
日本の四季イン・デュオ

Morgen ziehe ich das Kleid an. Das ist mein Lieblingskleid, weil mein Professor in Bremen dieses Kleid "Mäuschen" genannt hat!
コンサートではまずこちらのベルベットのワンピースを着る予定です。私は演奏会でよくこの服を着ていたのですが、ブレーメンの先生に「Mäuschen(=ネズミちゃん)」と名付けられました明日は壮大なシューベルトのソナタに挑みます。
_IMG_4914.jpg

今週は寒く暗い週で、陽を一度も見ませんでした。これから温かく体にやさしいスープを作り、コンサートの準備をしたいと思います。Jetzt koche ich etwas warmes und übe weiter!

(J)

 | ホーム |  »