音楽と日々の暮らし

ドイツでの乾燥対策

アヴェンヌ・コールドクリーム
フランスのメーカー、アヴェンヌのコールドクリームです。
ドイツはとても乾燥しているので、良いクリームを探していました。
これは少量でもよくのびて、使いやすく気に入りました。(J)

スポンサーサイト

PageTop

銀行でのコンサート

逕サ蜒・072_convert_20100507220634
Kreissparkasse programm
5日の夜にSindelfingenの音楽学校の生徒が出演するコンサートがありました。
会場は銀行です。グランドピアノを運んで、椅子を並べ、昼間とはまったく違う雰囲気です。
ピアノ伴奏にも神経を使ったようです。
ホルン、ヴァイオリン、声楽、ギター、ピアノソロ、フルート・・・など、どの生徒たちも集中して良い演奏をしていました。
お客様もたくさん入りました。本番前、音楽学校で最後の練習・・・。(J)

PageTop

母の日

豚肉 ブログ用
毎週日曜日は、私たちの部屋の持ち主である方とそのご家族と一緒に昼食をとっています。
今日は総勢8人での食事となりました。
<メニュー>
Schweinebraten(豚肉の煮込み)
Brechkartofelln(じゃがいものオーブン焼き)
Bohnen(大きなインゲンをいためたもの)
Salat(サラダ)
Kaffee und Kuchen(コーヒーとケーキ)

たくさん食べ、最後に私達がMozartの4手のためのソナタを演奏しました。
とても楽しい時間でした。(J)

PageTop

これが効いた!

馬用
今とてもお世話になっている塗り薬です。
ドイツの薬局で購入可能!
中身は少し青い色で、塗り終わってしばらくするとサラサラになります。
香りはミント系でしょうか。

古くからドイツで使われているもので、
筋肉痛や肩こりなどにとても良いようです。
なぜ馬のマークがついているかというと、
もともと馬の筋肉をマッサージするためにあったものらしいのです。
(もしかしたら今でも使っているのかも)
                        (H)

PageTop

訪問者

Risu.jpg
先日、かわいらしい訪問者が。
窓辺にリスが・・・・・
私の家には2匹のリスがチョコチョコ遊びに来てくれます。
と、ここまで書くとかわいいのですが、
写真とは違い、とてもガサゴソ!!と活発でした。
壁を登ってきたのは良いのですが、下に降りれなくなった様子。
途方にくれて目がウルウルしているが分かりますか?(^^♪
せっかくなので、写真を撮らせてもらいました。
                 (H)

PageTop

背中で語るリス

risu2.jpg
さて、続きです。
これは、あまり見ない角度ではないでしょうか?
リスの後姿!
この後の行動に備えて、いろいろなことを考えているようです。
彼はこのあと、意を決して下の樹に飛び移りました。
(後日また来ましたので、無事に下までいけたようです。)
             (H)

PageTop

テュービンゲンの街

tuebingen.jpg
wein.jpg

先日、天気に恵まれたこともあり、シュトゥットガルトから電車で一時間ほどの所にあるテュービンゲンという街へ出かけました。ここは大学街としてよく知られています。洋服、雑貨などの小さくてかわいらしいお店がとてもたくさんありました。
偶然見つけたワインケラーでは、たくさん試飲をさせて下さり、すっかり良い気分になってしまいました。樽から直接ビンに入れて売ってくれる所でした。私たちはイタリアの赤ワインを買いました。1リットルで約4ユーロ!ドイツはお酒がおいしくて安いのです。(J)

PageTop

多国籍アイディア料理

alexa.jpg
先日私の生徒さんのところへ夫婦そろって夕食に行きました。
スタイルはこちららしく、みんなで持ち寄っての食事。
妻が太巻き寿司を作りました。

さて、ドイツでの御寿司作り。
さすがに日本のような食材は手に入りません。
我が家の定番レシピは・・・

レモン汁赤ワインビネガー・砂糖・塩 ← 寿司酢の代わり
さっとゆがいた人参ルッコラ
スモークサーモン
玉子焼き
お米、海苔。

こちらではワインにはこの寿司酢が合うようです。
我ながらうまいことを思いついたと思っているのは、
ルッコラをゆがいたもの。
アイディア元は水菜です。
水菜もさっとゆがくとおいしいので、ルッコラもできると思ったら大成功!!

こちらでは500g入りのルッコラが1.3Euroほど。(日本円では150円ほど)
サラダやパスタにでも美味しいですね。

・・・と話がそれました。

ドイツ人の方が作ったのは、写真右のサラダ。
これもまたアイディア料理でした。
パパイヤとモッツァレラチーズ、
お塩とオリーブオイルで味付けをしてあり、
最後の仕上げになんとカレーパウダー!!
これは是非お勧めです。
うまかった・・・・

最後のお皿はドイツ人の人が近くで買ってきたフラムクーヘンです。
もともとドイツのパンやさんが、
オーブンが十分に熱くなったかどうかを確認するために
ためし焼きをするためのものだったようですが、
日本で言えば超薄焼きのピザでしょうか。
ちなみに、ドイツ語ではFlammkuchenと書きますが、
Flammeは炎のことです。
炎の中のケーキといったところでしょうか。
(H)




 

PageTop

どちらが遊んでもらっているのか?

inu.jpg
前の続きです。
私の生徒さんのところには犬が一匹います。
名前は「Bonsai
(ドイツ人が発音するとボンザイになる)


小さい犬なので、日本の盆栽(小さな木)からとったらしいのですが、



これが今もう遊びたい盛り!!!


こちらが遊んであげているのか、
それとも遊んでもらっているのか、分からなくなります。
  (H)

PageTop

Alexa登場・・・!

kaese alexa
alexa pasta

今日ドイツは祝日でした。あいにくのお天気で気温も10度前後と、冬のような寒さでした。
夫は、前回ブログにも登場したBonsaiの飼い主である声楽の生徒さん(Alexa:アレクサ)のレッスンのため、彼女の家に行くことに。
せっかくの祝日ということで、レッスンのあと私も一緒に昼食と散歩に誘われました。

<メニュー>
ズッキーニとトマトのファルファッレ
トリュフ入りサラミ(←絶品でした)とカマンベールチーズ
プロセッコ

どれもとてもおいしかったです!!トリュフ入りサラミは初めていただきましたが、香りが良く、ふんわりとまろやかな味で、やめられないおいしさでした。こういう食事にはプロセッコがよく合います(*^_^*)

Alexaはとてもおしゃれで料理も上手、素敵な女性です。
これからもたびたびこのブログに登場する予定・・・!!!
                (J)

PageTop

食事のあとは・・・

alexa midori
alexa hiro bonsai
おいしい食事を楽しんだ後は、散歩に出かけました。
霧雨の中、すぐ近くにある森へ入って行きました。「2、30分で終わるかな?」と思っていたら・・・なんと2時間近くも森を歩き続けることに!
Bonsaiは落ちている木の枝で遊んだり、とにかく走ること走ること・・・。
こちらも負けずに一緒になって走り回ったりして、雨でぬかるんだ道をひたすら進みました。
途中、犬を連れた散歩中の人たちに何人も会いました。
吐く息が白く寒い一日でしたが、緑の中を歩き、体の中がすっきりしたような気がします。鳥の声も良く響き渡っていました。
帰宅後は、泥だらけになった靴を拭いたり、歩き疲れてギシギシ(!?)した体にPferdesalbe(←以前のブログでご紹介した塗り薬)をすり込んでマッサージをしたりしました。。。
それにしても・・・ここまで本格的な散歩とは思わなかった!!
               (J)

PageTop

Flohmarkt(フローマルクト:蚤の市)

Flohmarkt1.jpg
シュトゥットガルトでは毎週土曜日に蚤の市が開催されていますが、今日日曜日は年に2回の巨大蚤の市でした。以前のブログにも登場のAlexaと彼女のお母さんが大の蚤の市好きということで、私たちも一緒に行くことになりました。
さて、なんと朝6時半に家を出て会場に向かいました。日曜日の早朝ですので駅に人はほとんどいません(普段も人は少ないですが)。
しかし会場に着くと準備の人や車でごった返していました。

Flohmarkt2.jpg
朝でとても寒いのですが、コーヒーやクレープ、ソーセージなどの屋台が出ていて、体を温めることもできます。
来月引越しする私たちは、新しい部屋で使えそうな食器や調理器具を中心に見ていきました。
どんどん人も増えてくるので「これ!」と思ったものは迷わず決めていく必要があります・・・!お店の人に相談しながら、少し安くしてもらったりするのも楽しみのひとつです。

Flohmarkt3.jpg
Flohmarkt4.jpg

<買ったもの>
花瓶
ぬいぐるみ
フライパンと耐熱ガラスのふた
鍋敷き
ろうそく立て
デカンタ
バター入れ
くるみ割り
アルミ製のざる
・・・おまけ・・・
エナメルのブーツ
↑実はずっと探していたのですが36というサイズがなく、諦めかけていたので、とても嬉しいです。

Flohmarkt5.jpg
これだけ買っても2500円程度・・・!!!これから長く使えるものばかりです。
他にも鉄道模型・本・服・家具・自転車・アクセサリー・水道の蛇口まで何でもかんでもありました。

Alexaとお母さんも部屋の飾りやブーツなど、色々購入していた様子。
何時間も集中して見て回るのでかなり疲れましたが、みんなで近くのカフェでコーヒーとクロワッサンを頼んで元気回復しました。
さあお昼は家に戻って、みんな揃っての食事です・・・!
(J)

PageTop

日曜のお昼は・・・・

Mittagessen1.jpg
日曜日のお昼は毎週恒例のみんなでの食事。
以前ここでも紹介をしましたが、
私達が今お世話になっている方と、そのお姉さん達が集まっての食事です。

今日は牛肉を茹でたものに、その茹で汁を用いたソース、それにジャムをそえるのがドイツ風。
サラダ
ジャガイモを炒めたもの

とてもシンプルな料理です。
ドイツ家庭料理は基本的にシンプル。
少しフランス料理の要素も入っていることがありますが、
毎日食べても飽きない料理です。
味付けも塩コショウというのが多いです。

私もこちらに来てからドイツ料理はレパートリーの中に入りました。
ちょっと今日の料理のレシピを紹介します。

この牛肉の煮込みには、
あまり脂がのっていない肉をドイツでは好んで食べます。(少しスジが入ったものでも良いのですが)
これを香味野菜と塩を入れて煮込みます。
大きさにもよりますが、煮立たないようにしながら1時間半ほど。
やわらかくて美味しいです。
これにそえるソースは・・・・ホースラディッシュ(西洋わさび)。
バターを鍋に入れそこに小麦粉を少しいれ、
肉を煮ているスープでのばし、
ホースラディッシュのペーストをいれて塩胡椒で味を調えます。
このお肉料理で欠かせないのがジャム
え~~~~~~~!!!という方がいるかもしれませんが、
不思議と合うのです。
Preiselbeerenというものなのですが、
少し酸味のあるベリー系のジャムなら大丈夫かもしれません。

ジャガイモの炒め物は、ごくごく普通に生のままのジャガイモを炒めて、
塩で味付け。

日曜日はこれまで書いてきたように、
地方料理が食べることが出来る日でもありますが、
方言の中にどっぷりとつかる日でもあります。
本当に何をしゃべっているのか分からなくて、
ただもうひたすら、食べまくるしかありませんでした。
1ヶ月ほどするとそれにも慣れ、最近ではあまり方言も不自由ではなくなりました。

Mittagessen2.jpg

さて最後に今日の締め、デザートです。
これはみんなの大好物。
肉料理にはとっても合います。
りんごの皮をむき、芯をくりぬいて輪切りにしたものを、
バターでこんがりと色がつくまで炒めて、
少し砂糖をかけてから赤ワインを入れて数分煮込みます。
これがうまい~~~~~!!!!

アイスをそえても美味しいですが、
今日はこれで〆ました。
     (H)

PageTop

楽典の本といえば・・・

musiktheorie.jpg
音楽を専門的に勉強する人が一度は手に取る「楽典」の本。
音符の種類や調、楽語など、音楽に関する色々な知識を学ぶことが出来ます。
日本で最も知られている楽典の本ではないでしょうか!?
さて、左側の本がドイツに昔からある楽典の本。大きさ、色まで何だか似ています・・・!
(↑こちらは2巻まであるそうですが)
ドイツでのレッスンは、当然ながら音楽用語もドイツ語で説明するので、とても重宝しています。
ピアノのレッスンでは、専門用語以外にも色々なたとえを使ったり、面白い表現をしたりします。
「弾いてみせる」プラス「分かりやすく説明する」ということが大切だと思っています。
  (J)

PageTop

ちゃ

blog Tee

我々は夜寝る前にお酒も頂きますがお茶も頂きます。
ドイツにも色々なお茶があって、
咳止めや腎臓用、快眠・・・etc.
日本食ブームに乗って緑茶にレモングラスの味をつけたものなどもあります。
(これはかなり好みが分かれるところだと思いますが)

なかでもペパーミントティーはお腹にも優しく
夜には結構重宝しています。
写真のお茶はみんなティーパックのものですが、
結構いけますよ。
Messmerなどは日本でも見かけますよね。

ガーデニングなどをやったら
新鮮なハーブをとも思いますが、
それは料理のほうに使いたいかなぁ・・・

    (H)

PageTop

ドイツでの乾燥対策・その2

Dr.Hauschka usw.
以前のブログにも書きましたが、クリームのおかげで最近は乾燥に悩むことが少なくなりました。
左側が「ドクターハウシュカ」の乳液、右の2本は「アヴェンヌ」のスプレータイプの化粧水です。日本でもよく知られていますよね!小さいほうはおまけとして付いてきたので、出かける時用にしています。
この「ドクターハウシュカ」や「ヴェレダ」などの自然派化粧品は、シリーズで色々な商品がありますが、必ず小さなチューブの「お試し用」が売っています。それで試して問題がなければ購入・・・ということに。こういうところはドイツらしいなあ~~と思います(もちろん私もそうしましたが!)。

PageTop

キセル反対!!

Fahrkarte.jpg
地域によってシステムが違いますが、
出発地点から目的地までというチケットと
範囲内であれば、というチケットがあります。
写真のチケットはその範囲内のチケット、しかも4回乗れる回数券。
ほぼ1回分お得です。
回数券はホームもしくは車両の中のスタンプを押してくれる機械へ
自分で押しに行きます。(完璧な自己申告制度)

というように日本では絶対に通らないとホームにさえいけない改札機。
これがないのです!!
ということは、キセル行為も当然あると思います。
どのように点検しているかというと、
時々抜き打ちで車両の中で点検に来るのです。
この時にスタンプを押していなかったり、
チケットを持っていなかったりすると、50Euroは覚悟しなければなりません。
初めて乗車券の点検を受けたときには、
電車がテロリストにのっとられたか!と思いました。
あのときにはまだ言葉も分からなかったですしね。
こわいですよ。
あちらの身分証を出そうとする仕草が
武器を出そうとしている姿に見えたりして・・・

PageTop

気がつくと。

Flieder.jpg
今日は新しい住まいで必要な家電を買いに行った後、今の家のペンキ塗りの手伝いなどをしました。
夕飯も終わって、私が一息ついていると夫が何やら外へ出て行った様子。
気がつくと、庭に咲いていたライラック(ドイツ語ではFlieder:フリーダー)が・・・。先日のブログでもご紹介した蚤の市で見つけた花瓶に挿して、とてもきれいです。夫は時々こうしてお花を摘んできてくれます。
  (J)

PageTop

週末のMarkt(市場)

今日は、ほぼ一週間ぶりに晴れ!!
ドイツは明日(Pfingstsonntag)明後日(Pfingstmontag)とキリスト教の聖霊降臨祭のため連休です。
天気も良く休みとなれば、当然街にもたくさん人がいるはず・・・。
お休みの日は店が閉まっていて買い物が出来ないので、パンを買いに街に出かけました。

さて、盆地のため坂の多いシュトゥットガルトですが、普段からこんな道を歩いています。

Markt 1

天気も回復した今日は、庭の手入れをする人、車を磨く人などを見かけました。
みんな、我慢していたんでしょうね・・・。それにしても緑がきれいです。鳥の声もよく聞こえます。
Markt 2




さて、こちらがMarkt(マルクト:市場)の様子です。シュトゥットガルト中心部のこちらでは、土曜日に市が出ます。画像ではあまり分かりませんが、実際は人だらけでした。赤ちゃんからお年寄りまでアイスをかじったり、パンを食べたりしながら楽しんでいました。
Markt 3
花や果物、チーズ、野菜、パンなどなど、新鮮で質の良いものが並びます。

もちろんみんなエコバッグやカゴを持参です・・・!
Markt 4

無事に目当ての店でパンを買い、今日のところは早目に帰ってきました・・・!!!

それにしても「週末・晴れ」となるとものすごい混雑です。天気がめまぐるしく変わり、急に寒くなったり、荒っぽい天気の多いドイツでは、太陽をとても貴重だと思っているようです。
   
        (J)


PageTop

子羊を食す

本日は日曜日。
恒例になっている、みんな一緒の昼食です。
天気が良く、暑くなりました!!!5人で食べました。

<メニュー>
Lammkotelett 子羊のソテー
Bohnen    大きなインゲンのソテー
Rohgeroestete Kartoffeln 生のじゃがいもを炒めたもの
Salat    サラダ

♪デザート♪
Rhabarberkompott ルバーブのコンポート
Birnekompott 洋梨のコンポート
Keks        クッキー

Lamm.jpg

ラム肉は普段あまり食べませんが、私はとても好きです。
じゃがいもやインゲンも長くじっくり炒めて美味!!!いくらでも食べられそうです。

しかし今日はあることに苦しめられた一日でもありました・・・。

(J)

PageTop

苦しみのワケ

さて、何が起こったかといいますと・・・・
妻は、油断をしていたのか、膀胱炎になってしまったのです。
ドイツは公共のトイレも少ないですし、
寒さのために下半身を冷やしてしまうということにもなりやすいためのようです。
それがまた再発したのです。

といっても休日!。
日本とは違い休日は本当に休み。
薬局も全部あいていません。
インターネットで調べたら緊急のための薬局があるとのこと。
ドイツでは休日のたびにあいている薬局がかわるようです。
おそらく、営業時間外でやっている薬局というのも、
毎日かわっているのだと思います。

ともかくも、急いでそこへ行ってきました。
ドイツのことですから、本当にあいているのか疑いつつも行って見ると・・・
あいていた!!!DANKE!!!
色々と薬局の人に話を聞いたらこれがお勧めで~~す。とのこと。
薬をもらいながら言われたのは、
3Lの水分を摂って下さい!!
ペットボトル三本分・・・・・・無理っす・・・・
ともかくも、ハイハイ(Ja,Ja・・・)といってもらってきました。

Medikamente.jpg
↑画像が手に入れた薬。
Baerentraubeというのは「クマコケモモ(熊苔桃)という薬用植物のことだそうです。なんか、効きそうですな。

そして、早速投薬。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きぃたぁ~!!!!!!!!!!!!!

妻はなんとかトイレ駆け込み地獄から解き放たれました。

しかし今後も要注意です。

    (H)


PageTop

多国籍な一日

今日月曜日は<Pfingstmontag:聖霊降臨祭の月曜日>ということで休日でした。
昨日よりもさらに気温が上がり、最高のお天気!
私たち夫婦はそれでも地味~~に「家で音消して練習しようか・・・」などと言っていたのですが(←消音機能の付いたピアノのことです・・・!)、部屋の持ち主である方に「この天気を使わないテはない!!」と一蹴され(!?)、午後から散歩に出掛けることにしました。

どこも混んでいることが予想されたので、昼食は家で摂ることに。
メニューは夫の手作りリゾットです。といっても冷蔵庫にあるもので簡単に・・・。今日はSuppengruenを使った簡単リゾットです。Suppengruenとは「スープ用根菜」のことで、ニンジン・セロリ・パセリ等がゴムで束ねられ、どこのスーパーでも売られているものです。
これらを細かく切り、炒め、生米を入れ、固形スープも入れてコトコト待つこと20分。
仕上げにレモン汁と醤油をたらり・・・。さっぱりとして美味しく、夫とほぼ同量食べました・・・。

↓さて、珍しく玄関前で一枚。日焼け止めを持っていないので、長袖を着なくては。
Junko an der Tuer

まず地下鉄U7で「Kunstmuseum」へ。Kunst(芸術)Museum(博物館・美術館)という意味です。
隣接する美術書などを売っているお店で、しばし写真集などを物色。
その後少し歩いてSchillerplatz(シラー広場)へ。ここは以前ブログで紹介した、蚤の市や市場が催される場所。

↓こちらにやや興奮気味の男性一人。
Hiro Instrument Museum
6月2日、彼はこの後ろの建物<Instrument Museum:楽器博物館>で演奏会に出演します。
はやくも建物に反応しているのでしょうか・・・(謎)。

そしてさらに歩いていくと、何やら賑やかな音楽が聞こえてきました。
アフリカ人・韓国人・インド人などが屋台を出しています。10数カ国ある模様。
↓横断幕を見てみると・・・。
in der Stadt 1
<Tag der weltweiten Kirche:世界じゅうの教会のための日>と書かれています。
それぞれの国の人たちが、自分たちの国の料理や民芸品などを売って、寄付を募ろうという催しでした。

こうして暑い中歩いていくとお腹もすく・・・というわけで(!?)数あるトルコ料理店の中から、夫もまだ行ったことのないお店に入ってみることにしました。
ここで<新しい店を選ぶ時のポイント by 夫>
1.周りの建物と調和しているか
2.お客さんの雰囲気
3.食べている人の料理をチェックしてみる(この時期はみんな外の席で食べています)
4.お店から匂ってくる料理の匂いはどんなか?

だそうです。こんな感じでお店を選んで、実際良いお店だったかという確率ですが・・・

7割。


7割か・・。微妙。

それはさておき、料理です。
in der Stadt 3
ケバブというトルコ風焼肉と野菜をラップにくるんだものと、トルコ風サラダ。

中はこんな感じです。
in der Stadt 4

香辛料がとっても効いていて、おいしかったです。
サラダのほうにはペンネやトマトとパセリをオイルで和えたもの、ジャガイモのサラダ、水煮の豆などたくさん。普通のサラダより、こういうトルコ風サラダが大好きな私です。

・・・と、こんなふうに長いブログになりましたが、今日は様々な国に触れた一日だったような気がします。

最後におまけ
<ZONE:区域>ここでは歩行者専用道路のことですね!日本とよく似ています。
in der Stadt 2

  (J)


PageTop

引越し追い込み

いよいよ引越しの追い込みです。
今日は私は午前中にレッスンをして、
妻と駅で合流、日本にも上陸したIKEAに行きました。
戦の前には腹ごしらえじゃ!と愛妻弁当
obentou.jpg

おにぎりと玉子焼き。
昨日作ったリゾットの残りの野菜を使ってくれたようです。
20分くらいの電車の中でしたが、
ドイツ人の興味深げな視線を感じながら
(おにぎりはバクダンみたいに見えるのかも・・・・)
ペロリとたいらげました。
うまかった・・・ごちそうさまっす!

さて、ドイツ国内にはかなりの数があるIKEAですが、
今回は私が勤める音楽学校があるSindelfingen(ズィンデルフィンゲン)に行ってきました。

Ikea.jpg

今回我々は、買うものをある程度決めていってきたのですが、
それでも見てまわるのに2時間半かかりました。
だって・・・・すぎ!物多すぎ

今回の購入品

食卓
ベンチ
ソファー
楽譜用の本棚*2
ベッドとカバーなど


これらは新居に配達してもらうことになりました。
いよいよじゃ!
    (H)

PageTop

引越し追い込み第2弾

引越し作業の続きです。
今日は友人の力を借りて荷物の運搬をしました。
こちらでは自分達でやると言うのも結構主流になっています。
車を借りてきてなんとかする!!
料金もおそらく10分の1で済むのではないでしょうか。
ダンボールにつめた荷物が大小20個以上。
椅子、テーブル、作業机などの運搬をしました。

昨日の晩はこんな感じでしたが
荷物を運び出してようやく床が見えるようになりました。
unzug1.jpg

写真の子供は今日手伝ってくれた友人の子供です。
1歳にまだなっていませんが、かわいい~~~!!!!
男どもが、むさく運搬作業をしている間、
妻がこの子を見張っていました。
かなり活発になってきた元気な女の子です。
unzug2.jpg


何とか無事に怪我もなく荷物を運び終わり帰ってきました。
手がパンパンになっているのが良く分かります・・
ここで登場なのが以前にもこのブログで紹介した、
Pferdesalbe。
馬用

妻がこれを使ってマッサージをしてくれました。
感謝です・・・・!!
(H)

PageTop

現在頭の中は・・・

まずは前回ブログ「引越し追い込み第2弾」の補足から・・・。
昨日、ダンボールだらけの部屋で何だかかわいそうに見えた赤ちゃん。
なぜ私が預かることになったかと言いますと、赤ちゃんのお母さん(ピアニスト)はコンクールの伴奏のため、朝早くの飛行機でHamburg(ハンブルク)へ行っていたのです。日帰りで夜には戻りましたが、ドイツでは結構こんな強行スケジュールもみんなこなしています。タフであることが重要だなとあらためて痛感!


さて、先日のブログでも少し書きましたが、6月2日に夫が演奏会で弾く曲についてです。。。
テーマは「19世紀のシュトゥットガルトのオペラ」。
3人取り上げますが、まずはこの方、Lindpaintner(リントパイントナー:1791~1856)。
昔このシュトゥットガルトで、30年以上宮廷楽団長を務めたという人物だそうです。
今回は「Lichtenstein:リヒテンシュタイン」というタイトルのオペラの中から抜粋で、ソプラノ・メゾ・バリトンの人たちとの共演。

楽譜の表紙はこんな感じ・・・。

lichtenstein noten
昔の楽譜!という感じです。それもそのはず、現在は州立図書館でのみ手に入るという貴重な楽譜だそうです。

「Ouvertuere:序曲」はピアノソロで。15分弱の大曲といえる作品です。
本来のピアノソロ曲とはまた別の意味で、オーケストラをイメージし、曲を膨らませなくては!!!と私は思います。。。

そんなわけで練習に励む様子・・・。
hiro mit lichtenstein

本番まであと数日!
引越し作業で体がギシギシでも弾きます。というか弾いていただきます(!)うふ

       (J)

PageTop

山のような○○・・・!!

今日は夫婦揃って行ってきました。



どこへって・・・




美容院です。

前から私がお世話になっている美容院へ妻も連れて行きました。彼女はかなり髪の毛が多く、伸びるのも速いのです。
自分で切ったりもしていたのですが、
もうだめだ!!!!!!!!ということで、行ってきました。
私も演奏会が来週にあるので、
まぁ、いくか!!ということで一緒に。
妻は初めての美容院ということで、かなり緊張していたようです。

妻はインターネットでショートカットの画像を探していた様子。
それを印刷して、これにしてください!!!と注文。
そして始まった我々のカット。

結構体も大きな人で、

Frisoer3.jpg

妻がすっぽりと隠れてしまいました。結構ビールなんか好きそうだなぁ・・・・(*^_^*)


Frisoer1.jpg

いまどき珍しく、ほぼすべての作業をハサミのみでやってくれます。
店の中を見渡すとMeister(ドイツの専門職マイスターの称号)の免許状が。
腕は本当に確かです。
妻も感動していました。

みえるでしょうか?この方の肩にあるものが?
これは彼のトレードマークともいえる長く細い三つ編みです。
どうやって洗っているのだろう・・・・毎日やっているのだろうか・・・・

という質問を投げかける間もなく終了。
一人当たりの所要時間は30分。

二人して大満足で帰ってきました。

ただ・・・気になるのは二人して残してきた髪の毛の山。掃除が大変だっただろうなぁ・・・。

      (H)

PageTop

BILLYづくり~Baustelle~

今日は先日「IKEA」で購入した家具が届く日。

配達時間は



11時~18時のあいだ。


な・・・ながっ。

配達の一時間前に連絡が入るとのことだったので、10時開店の電器店で掃除機を買ってから、新居へ向かいました。

「すぐに家具が届いてくれたら、すぐに組み立てられるんだけどね・・・」と二人で話しながら、引越し荷物の整理をしていましたが、現実はそう甘くはなく・・・夫が仕事に向かうため出て行った直後に連絡が入るという結果に。

そして45分後、無事に家具類が到着。
モヒカン頭のちょっとコワいお兄さんと体の大きなお兄さんがどんどん運び入れていきました。そしてサインをして支払いをして終了。

さて「ドイツ人の家には必ずBILLYがある」という話を聞くほど有名なBILLYから組み立てです。
(ちなみにBILLYとは、IKEAの本棚のことです!!最近は日本でも知られていると思います)
私たちは204センチ×80センチのものを二棹買いました。山ほどある楽譜類をまず何とかしなければ・・・!

ヨロヨロしながらダンボールから板を取り出し、説明書を読みつつ作業を進めます。やり続けるうちにコツが分かってきて、途中板の向きを間違えたりしながらも、何とか完了。
しかし今日は湿度も高めで汗をかきました。
さあ二つ目・・・と思いましたが、やはり一人で長い板を持ち上げたり動かしたりするのは時間もかかるので、夫に頼んでもう一度出動してもらい、あっという間に二つ目を完成させました。

夫には先に帰ってもらいました。
そこから先は再び私の仕事。
今お世話になっている方から頂いた古い楽譜の数々を大きさごと、楽譜の素材ごと、オペラか声楽曲かピアノ曲かレッスン用の曲か・・・などに分けていきます。私たちが持っている楽譜も同様にまずは分類を区別しました。
そしてBILLYその1を声楽用、BILLYその2をピアノ用、のように大体決めて、入れていきました。
古い楽譜は100年くらいたっているものなので、紙が劣化しているため、丁寧に扱わないといけないものもあり、なかなか根気の要る作業です。

しかし自分たちの使いやすさを想像しながらの作業は、結構楽しかったです。

そして7時半を過ぎてようやく作業をやめました。
残りのベンチやベッドも作りたくてしょうがなく、しかし大きくて一人で組み立てるのが難しいので、せめて中身だけでも、と、ダンボールから出して説明書を読んでみたり・・・。
そんなことで、帰途につきました。
夜7時40分頃の駅の様子。

BILLY 1
う~~~ん。誰もいない。
(あ、でも遠くのほうに数人いました)

ここからS-Bahnという列車で中央駅に向かいます。12分で着きます。そしてU-Bahnという地下鉄に乗り換えて5分、そこから歩いて15分弱で、今の部屋に着きます。

しかし珍しく今日はお昼にパンを食べただけだったので、お腹がすき、のども渇いてフラフラに・・・。


ようやく家にたどり着くと・・・
BILLY 2
なんとぉ!!!
大好きなアボカドとトマトのサラダ、そしてミートソースのパスタが!!
サラダの味付けは塩・コショウ・レモン・オリーブオイルのみ、とのことですが、アボカドがちょうど良い柔らかさでお醤油を少したらして食べても美味しかったです。
ミートソースは私が作っておいたものなのですが、そこに味を少し足したようで、こちらも美味しかったあ~~。
てんこもりによそってありますが・・・最近の私の普通の量です。。。とほほ。

さて、今日は筋肉痛におびえながら寝ることにします!!!

(J)

PageTop

Alexa誕生会 ~Geburtstagsfeier von Alexa~

このブログにたびたび登場のAlexa。5月29日は彼女の誕生日でした!今年は運良く土曜日。彼女の部屋で家族の皆さんやお友達を集めての誕生会をするということで、夫と出かけて来ました。

私たちからの誕生日プレゼントは、のり巻き。
Alexa Geburtstag 1


ケータリングサービスでコックをしているというAlexaの同級生の女の子は、卸売市場でチーズをどっさり買って来ました!
茶色のチーズは何とカラメル入り!塩気と甘みのバランスが絶妙でした。
Alexa Geburtstag 2



こちら、左の大きなチーズは「Muensterkaese:ミュンスターケーゼ」というもの。ものすごく強烈ですが、ワインと相性バツグンです・・・!ブルーベリーの入ったものも。
Alexa Geburtstag 3



↓そしてこちら、左上のチーズは豪華なトリュフ入り。トリュフのまろやかな香りで美味しかった。。。
左下はなんと・・・「灰」入り!!
「アイスランドの灰じゃないよね!?」などと言いながら食べてみました。が、灰の味はよく分からず。
ま、灰を食べたことがないので分かりませんが・・・。
Alexa Geburtstag 4


このほかにも市場で買った甘いイチゴ、サラミやハムなど色々。
Alexaとお母さんが作ったというKuchen(ケーキ)も4種類ありました。
カボチャのケーキ
チョコレートケーキ
チョコレート&ヨーグルトのケーキ
バナナケーキ
どれも甘さ控えめでとっても美味しかったです。食べるのに忙しくて画像がないのですが・・・。

↓Alexaと彼女のおばあさん。お祝いにやって来ました。
Alexa Geburtstag 5

友達の多い彼女のおかげで、私たちも色々な人と知り合うことが出来ました。たくさんの人と話す、ということはとても重要だなぁとあらためて思いました。自分たちのこと、日本のこともたくさん質問されました。

途中でアメリカに住むAlexaの弟、スイスにいるAlexaのご主人とスカイプ噂には聞いていましたが、スカイプ便利ですねぇ~~。ちなみに彼女のお母さんはアメリカ人なので、家ではドイツ語と英語が混じっています。

夜11時まで長居して、バスで帰って来ました。
お寿司も好評で、ホッとしました・・・。

      (J)

PageTop