引越し追い込み第3弾 ~Vorbereitung fuer Umzug Nr.3~

6月になりました。
今日から新しい住まいの住人です。
・・・が、まだまだ準備が追いついておらず、ダイニングルームの窓の工事も来週とのことで、生活は出来ません。
(ベッドの組み立てもこれから・・・!!!)

夫は明日演奏会のため、今日も合わせ。
私は部屋の片付けのため、午後から新居へ。

お昼ごはんに・・・と、夫がお弁当を作ってくれました。
<サラダスパゲッティ>です。
・・材料・・
パスタ(最近のお気に入りはディチェコのもの)
にんじん
玉ねぎ
ゆでたまご
トマト

赤ワインビネガー
はちみつ
ショウガ
しょうゆ
塩・砂糖・コショウ
オリーブオイル

・・作り方・・
ソースは、玉ねぎのみじん切りを赤ワインビネガー以下すべてを混ぜた中に入れておく。量はすべてお好みで・・・。
パスタ(スパゲッティ、リングイネ等)は小さめに折る。表示より少し長めに茹でる。茹だった後はすぐに冷水に入れ、水気をよく切る。
にんじんは薄く、トマトは食べやすく切る。
これらをよく混ぜ合わせる。そして味をなじませて完成。
卵はゆでたまごにして添えます。

残念ながら写真を撮り忘れて、食べてしまいました・・・。ううう~。
でもこれは簡単でとても美味しく、夏にピッタリのメニューです。
中に入れる野菜もお好みで、何でも良いです。ハムやカニかまなど入れても良いかも知れません(^^♪
(by 夫)

さて、肝心な作業ですが。。。


先日組み立てたBILLY(本棚)はひとまずこのようにしました。
buecherregal.jpg
向かって左側が声楽、右側がピアノの楽譜にだ~~いたい、なっています。
(地下にも本棚があり、そちらにも入っています。楽譜の管理は大変ですね!)
棚の位置はもっと工夫したいところなのですが、使い始めてから考えてみます。


Kueche(キッチン)の食器棚はこのような感じ・・・。
Geschirrschrank.jpg
ワイングラスは、今までお世話になっていた部屋の方から譲り受けたものや、プレゼントで頂いたもの。
小さめで見た目も良いし、持ちやすいです。これらをぴかぴかに(?)磨き、乾かし、割らないよう並べました。



別の棚には・・・
Geschirrschrank 2
こちらも同じ方から譲り受けたお皿など。蚤の市で購入したデカンタなどもここで待機です。

いざ掃除を始めてみると、細かいよごれが色々とあり、大掃除になりました。
そしてIKEAの残りの家具を少し組み立てたり・・・。すごい量のダンボールを、カッターで細かく切ったり。こうしないと捨てる時に周りに迷惑がかかるのだそうです。
それから古い楽譜の背をテープで補強する作業も。木を磨いてつやを出したりもしました。


そんな中、突然お客様が!!

夫がドイツに来てからずっとお世話になっている日本人の方が、ちょうど近くにお住まいで、これからご近所さんになるのですが、その方がわざわざいらして下さり、こんな素敵なお花を届けて下さいました。
Blumen 2
今日の引越しを覚えていて下さりとてもビックリ、そして嬉しかったです。
部屋が一気に明るくなりました。

そんなことで、帰宅は夜9時過ぎ。
しかし夫がまたまた夕食を用意しておいてくれて助かりました。
名づけて「野菜とひき肉の甘辛どんぶり」。
またしても食欲に負け、画像がなくてすみません・・・。
日本から持参した七味をかけて食べました。美味しかったあ~~!!

残る仕事は、
ベッド・食卓・ベンチなどの組み立て
大きな窓の工事
ピアノの運搬
今いる部屋の残りの荷物をすべて運ぶ
ということです。

大変ですが、理想の部屋になるかなぁ~と思いながら作業する楽しみもあります。
しかし・・・早く終わらせたいなっ!!!

(J)
スポンサーサイト

よ、ようやく・・・!~Endlich・・・!~

すっかりご無沙汰してしまいました。
この一週間、電話とインターネットが使えない生活でした。
電車の時刻表や資料集めなど、いつもインターネットで気軽にしていたのに、本当に不便ですね。
この月初めは、私たちと同じように引越しなどで電話の変更をする人がとても多かったそうで、作業の順番待ちのため
一週間使えなかったとのこと。
ちなみに、20日ほど前に注文した冷蔵庫と洗濯機は在庫切れで、いまだ入荷の連絡待ちをしています。
5月後半から6月前半はちょうど休暇で、学校などはお休みだったため、みんなイタリアやスペインなどに出かけていたのです。そんなこともあり、待たされているのだと思います。

それにしても手で洗うのはなかなか大変です。私が初めてドイツに来た時はやはり洗濯機がなく、ジーンズでも何でも手で洗っていましたが、しぼるのが一苦労。

冷蔵庫もないので、バターや牛乳は使わず、瓶詰めのものや肉なども使い切るだけ買うようにしています。
このところ、暑い日は30度にもなるStuttgart。日本と違い、湿度が少なく風は涼しいので多少は楽ですが、それでも冷蔵庫、洗濯機のありがたみをヒシヒシと感じている毎日です。

さて、引越しのダンボールがたくさんありましたが、重いものを入れたせいで紙が傷み、使えないものもあります。
そういうものは小さくカットして、紙ごみの日に捨てます。


こんな感じ。。。夫がひたすらカッターで作業。
Umbau.jpg



ダイニングルームの大きな窓の取替え作業のため、6月1日から入居といっても、まだまだ家の中は落ち着きません。窓ガラスを特注したようで、時間がかかってしまったのだそうです。廊下にも汚れ防止シートを敷きます。作業の人たちが出入りをするので、私たちはもともと古くなったベッドカバーなどを敷いていました。
そして7日に工事が始まりました。一日で終わる予定でしたが、結局終わらず。。。
Umbau Fenster



しかし8日の午前中には終了です。
Umbau 4



あれ・・・?


壁に穴が。。。
Heizung(暖房器具)の右横に大きな穴がふたつ。

これは、この窓の工事にあたって、Heizungの位置を変えたのですが、その時のもの。
早くふさいで欲しいなぁ~~~。
でもすべてがゆっくり(に感じられる)なドイツのこと、こちらも気長に待ちたいと思います。
食卓の組み立てをしたいのですが、この穴をふさぐ工事が終わるまで待つべきか、それとも組み立てるべきか・・・。目下検討中です。

ピアノが届き、調律も済み、他の部屋の片付けもほぼ終了したので、だいぶ落ち着いたといえるのですが、このペースがドイツなんですね。慣れていかなくてはなぁ・・・。

しかし・・・少なくとも冷蔵庫と洗濯機は早く届いて欲しいぞ!!!
   (J)

食卓づくり~Esstisch montieren~

先日のブログで書いた壁の穴。
ナント翌日にはふさぎに来て下さいました!!
というわけで、早速その夜、仕事から帰った夫がIKEAで購入したダイニングテーブルを組み立ててくれました。

しかし、まずは腹ごしらえから。

メニューはBlechgemuese(ブレヒゲミューゼ)。野菜とソーセージのオーブン焼きです。
じゃがいも・玉ねぎ・トマト・根セロリ・にんじん・マッシュルーム・ソーセージを食べやすい大きさ、薄さに切り、天板にオリーブオイルをかけてざざっとこれらを乗せ、塩を振り、上からもオリーブオイルを少しかけてオーブンでじっくり焼きます。
Senfというからしをつけたり、ケチャップをつけたりして食べます。

オーブンを試したくてこのメニューにしたのですが、なかなか良い感じで、いずれパンやケーキも焼いていきたいと思います!!

天気が良いのでバルコニーで食事。さてさて、赤ワインを一口飲んで、夫は作業開始です。
Abendessen.jpg


ひたすら作業中です・・・。
IKEAの家具も色々作っていくうちに慣れてきたのか、淡々と作って(?)くれています。
ただ、ドライバーで何箇所も締めるのはやはり大変。
私も少しだけ手伝いました。
montieren 1


ふうう~~~!!やっと終わった!!
montieren 2
このテーブルは両側から引っ張って、中央に板を足して、大きくすることが出来ます。
一番大きくすると10人くらい座れそうです。
色はかなり黒に近いこげ茶です。4色ほど色違いでありましたが、この色がやはり一番合っているようです。



苦労の甲斐あって(!)ようやくダイニングルームらしくなりました。
Esszimmer.jpg

さてこのところ、かなり暑いです。
こんな雲があったり・・・。
Oesterfeld 2


でも緑は色濃く、あざやかです。
日本に比べると風がさわやかで湿度も少ないため多少楽ですが、どこへ行っても冷房があまり・・・というかほぼきいておらず、突き刺すような日差しで厳しい暑さです。
Oesterfeld 1

さて今夜は、我が家に初めてのお客様が来ました。
その様子は次回のブログで・・・!!
   (J)

初めてのお客様 ~unser erster Gast~

連日ワールドカップの熱戦が繰り広げられていますね!
ドイツは実は南アフリカとの時差がナシ!ということで、寝不足にもならずホッ・・・。
昨日のドイツ、今日の日本とも勝ち、どちらも応援している私としては嬉しいです。

さて、先日我が家に初めてのお客様が来ました。
夫の歌の生徒さんです。
レッスンの後、夕飯を一緒に・・・ということになり、いつものお寿司、そして白菜と肉団子のスープ、トマトサラダを作りました。
白菜と肉団子のスープは、私の母がよ~~く作っているもので、本当はベーコンを入れてうまみを出すのですが、いまだ冷蔵庫がないため肉団子のみでガマン。肝心な画像はないのですが(スミマセン)、料理はどれも好評でした(^^♪

さて・・・お客様が来るにあたり、何となくまだ片付いていない我が家を何とかするため、セコハンのお店へ行くことに。実は前日も訪れたのですが、そこで素敵なKommode(たんす)を見つけました。たんすといっても大きいものではなく、廊下に置くためのちょっとした棚です。鍵や電話などを置くのに良さそう。
しかし、まだ値段が付いていなくて、店番の人いわく「店主でないと値段を決められない」とのこと。
さぁ今日はどうなっているかと店へ入ると・・・
ありました~~!
そして気になる値段は・・・



12ユーロ!!!



安い!しかもあまり重くなくて夫も運ぶ気満々!!



というわけで、このようになりました・・・。
Kommode.jpg
何だかず~~っと前からここにあるような佇まい。
セカンドハンドや蚤の市は、とにかく気に入ったものとの出会いがあるかどうか、ピン!と来る時ってあるんですねぇ~~。廊下もすっきりしました。

さて、その彼女が引越しのお祝いに持って来てくれたものは、パンと塩。そしてバラの花束です。
ドイツでは引越しの時にパンと塩を贈るというのがならわしなのだそうです。
パンにはチリが入っていてピリリと辛いのですが、クロワッサンのような生地であとをひく味。真ん中のビンの中に塩が入っています。
Gast 1


こちらがバラの花束。てんとうむしのロウソクもくっついていました。
てんとうむし(Marienkaefer)もドイツでは幸福をもたらすという意味があるそうです。
Gast 2

彼女はドイツで学んだ後、ニューヨークでも声楽を勉強していたので、その頃の話をしたり、これからの演奏会の話をしたりしました。
彼女が10代の頃、日本を旅行した話も聞きましたが、平日の朝の東京で、信号が変わると途端にわ~~っと人が歩き出す様子にビックリしたとのこと。細かい話をしていくと、まだまだお互いの国で知らないことがあり、説明するわけですが、それはとても面白いことだなと思います。
これからも色々なお客さんを呼びたいな~~。
        (J)

トロが食べたい!!~Wir lieben Tunfisch!!~

どんっ。

Gast 3



ハイ・・・。



こちらのアボカドにお醤油で、私たちなりのトロの味を楽しんでいます!!!

ドイツに来てから色々なアボカドを試しましたが、最近のお気に入りは夫の音楽学校があるSindelfingenの市場に売っているアボカド。
大きくてやわらかく、本当に美味しいのです。
今使っているのはドイツのお醤油ですが、Bio(自然食)のお店で売られているもので、とても美味しい!
この組み合わせは最高です。

魚が大好きな私としては、マグロや鯵、イワシなどが手に入りにくく、食べられない生活はちょっと悲しいのですが、ドイツにはドイツの、素晴らしい食材がたくさんあるので、その食文化を楽しもうかな?と思います。

ちなみにこちらでは、匂いの強いもの(香辛料たっぷりのカレーなど)を作るときは要注意で、気をつけないとご近所から苦情が来ることがあるようです。
基本的に昼食しか火を使った料理をしないので、朝・昼・晩と火を使う日本の食生活は「すごい・・・!!」と尊敬されたり、「ひぇ~~、そりゃ大変だね」と言われたり。

さて、今日はレッスンで「もったいぶる」というコトバを言いたかった私。
しかし何と言うのか分からなかったので、別の言い方をしました。う~~ん、いつか使うぞ・・・。
明日はドイツ到着から先日までずっとお世話になっていた家に行きます。時々お会いする「ドイツ語話法」の専門家の皆さんと一緒です。・・・頑張るぞ・・・。
    (J)

楽しみな夕食~Spass mit dem Abendessen~

先日も使ったオーブン。前回は野菜のオーブン焼きでしたが、何か作れないかな~~と考え、昨夜はラザニアを作ることにしました。といってもパスタはペンネを使い、家にあるトマト缶を使ってのシンプルなものですが・・・。ほかに豚ひき肉とナスも入れ、細かいゴーダチーズをのせてオーブンへ。
出来上がりはこんな感じです。
Abendessen 1
これ、とっても大きいのですが、何せ私たち夫婦は(というか私は)たくさん食べるので、ほぼ完食してしまいました。レストランで食べるのも良いですが、家で食べる良さは自分たち好みの味付けに出来ること・・・。
塩分も控えめに、わりとさっぱりした味だったのでたくさん食べられたのかも知れません。


さて、そして今夜・・・。
夫の帰宅は夜10時頃と聞いていたので、何かさっぱりしたものをと考えていました。
スーパーでとても立派な大根を見つけたので、メニューは即、決まりです。
以前Bremenで生活している頃にもよく作った、大根と鶏肉の煮物です。
鶏の胸肉は食べやすく切ってフライパンで軽く炒めておきます。
大根も面取りをしてお米を少し入れた鍋でじっくりやわらかくします。
いつもは人参・インゲン・しいたけなどを入れますが、今日はすでに売り切れていたので、ねぎ、しょうが、そしてマッシュルームに大根の葉を使いました。
味付けは、日本から持参したいりこだし、砂糖、醤油です。仕上げにごま油をかけても美味しいです。
ドイツで買う大根はスジが気になることが多いのですが、今日の大根はみずみずしく、日本のもののような美味しい大根でした。夫にも好評でした(^^♪
Abendessen 2

食事は生活の中でとても重要な役割を果たしていると思います。最近は日本のようにインスタントのものもたくさん売られているドイツですが「す・・・すさまじい塩分!!」ということもあり、健康のことを考えればやはり手作りが一番です。手間はかかりますが、すべてのことに手間がかかる(!?)ドイツに住んでいると、そのことにも慣れてくるような気がします。
日本の味を楽しみたい時は「こんぶだし」「かつおだし」「いりこだし」の出番です。魚の匂いが気になる人もいるので、少し注意しなくてはいけませんが。。。
食事はいつも楽しんで準備しています!
   (J)

今日のこと~was ich heute gemacht habe~

今日は、以前住んでいた家で4人集まっての昼食でした。
私は市場で新鮮なSpargel(白アスパラ)とSalat(サラダ菜)を買うことになっており、10時過ぎには家を出ることにしていました。
支度をしていると「ピンポ~~ン」とお客さんが。
(実際は「ビ~~~ッ!!」という呼び鈴なんですが)
出てみると、「ぼんじょ~~るの~~~!」と上の階に住んでいる方がコーヒーカップ片手に現れました。
この方こそ、夫の同僚であり、この部屋をすすめてくれた方なのです(*^_^*)。ドイツ人なのですがご夫妻そろってイタリアが大好きで、しょっちゅうイタリアに行っているという方たち。会話も結構イタリアンだったりします。
それはさておき、夫と一緒に音楽学校へ行こうと予定を聞きにいらしたのですが、夫は今日は別の場所でレッスンの日だったので、そう伝えました。
いまだ洗濯機&冷蔵庫のない私たちを心配して、色々と気にかけて下さいます。あとはうるさくないかどうか、とか・・・。近々、お寿司を作って部屋にお招きしたいと思っています。

さて、そして無事SpargelとSalatを買い、11時半に今までの家に到着。お世話になっている方と近況報告をしたり、サラダのドレッシングを作ったり、テーブルセッティングなどをしてお客さん二人を待ちます。
そして13時。全員揃ったところで昼食開始です。

<メニュー>
白アスパラをゆでたもの  甘くてやわらかく、美味!
ハム           くるくるっと巻いてお皿に盛り付けます
ジャガイモをゆでたもの  ホクホクして味が濃いです
いりたまご        付け合せにいりたまご。面白いです。塩とナツメグで味付け
サラダ          責任あるドレッシング作りをしました。オリーブオイル・赤ワインビネガー・塩・コショ             ウ・砂糖・レモン汁で味付け

・・・デザート・・・
ヘーゼルナッツのケーキ  甘さ控えめでシナモンがきいていて、美味しかった
ビスケット        小さくてクリームが挟んであるお気に入りのもの
コーヒー         私たちの大好きな「Hochland」のKaffee

食事も無事終わり、片づけをしてゲームをしてから解散となりました。


そして夜9時。
またもや「ピンポ~~ン」とお客さん。
(夫が早く帰ってきたかな?)と思いインターホンに出ると、聞き覚えのある声・・・。
私たちのお世話になっている方が突然現れました!実は昨日夫がその方に新しい住所をメールしたそうなのです。そうしたらこんな素敵なお花を持って「無事引越しが済んでおめでとう!」とお祝いに来て下さったのです。
Blumen Umzug
これはその方の庭に咲いている花たちです。普段とても忙しい方なのですが、時折こうしてやって来て下さるのです。
私は突然のお客さんでビックリして、足のシップ丸出しのままでしたが(←昼間、猛ダッシュしたため一気に疲れた)、幸い部屋は片付いておりホッ。。。
部屋を全部見て頂いたのですが、とても気に入って下さった様子。
私たちには音の問題がいつも付いて回るので、部屋探しは本当に一苦労なのですが、知人も同じように色々心配してくれています。
生活となると、ごみの捨て方から家の配管や暖房設備のこと、近くに病院があるか、買い物出来る場所はどこか・・・などなど、色々な情報が必要になるわけですが、一番確実なのはそこに住んでいる人に尋ねるということだと思います。
そういう意味で、日頃から色々な人と関わるようにしていきたいものだとあらためて考えました。
とはいえ、まだまだ「ビ~~~ッ!!」の音と来訪者にはギョギョッとなっている私です。
今日は色々な人と会えた一日でした。
  (J)

冷蔵庫がなくても!・・・~Das Leben ohne Kuehlschrank!~

日本ではお饅頭やいちご大福など和菓子を好んで食べていた私。あんこの味がすでに懐かしい気がします。
しかし、もともとチョコレートも大好きな私にとっては、ドイツには美味しいチョコがたくさんあり、スイスやベルギーのものもたくさん売られていて大満足。
そしてアイスも大好きなので、冷蔵庫がないここひと月近く、家でゆっくりアイスを食べることは出来ず、外出した時にカフェで食べたり、アイススタンドで買ったりしています。
しかし先日の暑い日に、夫が近くにある大きなスーパーマーケットから急いで帰ってきて私に「早く手を洗ってこれを食べて!!!」とこのアイスを買って来ました。
Eis.jpg

ドイツを訪れたことのある方でしたら一度は見たことがある、有名な「Moevenpick」のアイス。
しかし実はこれ、手のひらサイズなんです。
そして右の赤いところをはがすと、中からかわいらしいプラスチックのスプーンが出てくる!!!
日本でなら何も驚きませんが、わりと大雑把なドイツでこの細やかさ!もともとは大きなファミリーサイズで売られているアイスですが、この容器もそのまま小さくなっていてカワイイ。。。
以前ドイツで生活していた時はこのミニサイズはなかったので、最近発売されたものかも知れません。

そういうわけで、このミニサイズであれば、買ってからダッシュで帰宅すれば美味しくアイスが頂ける・・・ということなのです。何だか意味があるようなないような・・・。
ちなみにこれはチョコレート味。中からザクザクとチョコチップが出てきて美味!!

早く冷蔵庫と洗濯機が届かないかなぁ・・・と思いつつ、手洗いの洗濯と冷蔵庫なしの生活にかなり慣れてきてしまった私たちです(~o~)
    (J)

一年に一度の・・・!!~Der kommt einmal pro Jahr!!・・・

また今年もやってきました・・・!





・・・誕生日


といっても、何度も書いているとおり、冷蔵庫と洗濯機のない日々。
お客さんを招こうにも、ビールひとつ冷やせない状態です。

他に用事もあり、天気も悪く寒くて、地味~~~に一日過ごそうかと思っていると・・・


ビ~~~ッ!!!
例によって我が家の呼び鈴がけたたましく鳴りました。

誰だろうと思ったら・・・先日も引越しのお祝いでお花を届けて下さった方が再び!!!
しかも手にはろうそくのついたケーキが・・・。
↓こちらです。
Kuchen von Gi

チョコレートでコーティングしたお手製のマーブルケーキと、庭のバラ、そしてろうそくが灯されています。
この方の作ったマーブルケーキは今まで何度もご馳走になったことがあるのですが、本当に美味しくていくらでも入ってしまいます。

びっくりしつつも夫と3人で近況など話していると、またもやビ~~~ッ!!!


今度は何かと思ったら・・・

日本からの荷物です。夫の両親が色々な食材を送ってくれました。
開けてみると貴重なお米やだし、おせんべいなどなど!!夫とウハウハしてしまいました。

その後街まで車で送ってもらい、用事を済ませて帰宅しました。夕飯は日本米を炊き、凍み豆腐を煮たり、お吸い物を作ってきれいな色のお麩を浮かべたりして、日本食を堪能しました。日本米は味が濃く、ふっくらしていて、久しぶりに食べましたがやはり美味しい!!
(ドイツ人は「お米や豆腐には味がない」と言います)

ドイツに来てからというもの、何しろ食べる量が増え、いまや私は夫とほぼ同量食べています。お腹がすく理由は、よく歩いているからだと思います。ですので食事はとても大事で、メニューを考えるのも楽しみのひとつとなっています。ドイツにいるとワインやチーズがとても美味しく感じられます。しかしこうして日本食を口にすると、やはり食感が繊細だったり、色がきれいだったり、食文化の違いが感じられ、とても面白いです。

しばらくは送ってもらった日本のものを楽しめそうです!!

さて、こうして夕食を食べているところに再びニュースが・・・。
続きは次回に!!!

  (J)

強い味方!!~unsere neue Familie!!~

先日のブログの続きですが・・・。

夕食を食べているところへ連絡が入りました。




よ~~~うやく冷蔵庫&洗濯機が届くとの知らせ。
ただし土曜日の午後2時~6時までのあいだに。。。

この日は夫の同僚のお宅に4時に招かれていました。
しかし翌週になってしまうと家にいられないことが多いため、土曜日に配送をお願いしました。
これだけ待ったのだから、きっと2時過ぎには届くに違いない!!という根拠のまったくない理由をつけてみたりして・・・。

さあそして土曜日。
午後1時半からワールドカップ・日本VSオランダの試合もあり、テレビ観戦しながら待つことに。
しかし・・・なかなか来ません。
3時15分、夫がまず同僚のお宅に向かいました。私はいつ届いても良いようにスタンバイ。

4時・・・5時・・・そして6時。まだ届かない。
私はせっかくのお招きにも関わらず、結局間に合わず伺うことが出来ませんでした。
申し訳ない気持ちでガックリしていると、電話が。
「これから30分以内に行くから~~。じゃ、またねぇ~~~!!」と、配送業者のお兄さんでした。

そして30分後、6時半になってようやくトラックが到着。
私はさすがに待ちくたびれてグッタリしていましたが、配送のお兄さん二人がとても親切で、それまで「6時までに来るっていったじゃないかっ・・・!!」と心の中で思っていたのに、すっかり許せる気分になってきました。
ドイツでは、お店の人も配送の人も、基本的には「感じ良くしなければ」と思ってはいないようで、皆「普通」に仕事をしているのですが、その普通というのが私からすると、少し怖かったりぶっきらぼうに感じられるのです。
例えばお店で売っている人に「これおいしいですか?」と聞いても「さぁ・・・。食べたことないから」と言われたり。でも意地悪で言っているのではなく、食べたことがないから分からない、ただそれだけなのですね。ごもっとも・・・という感じです。
それに比べ、先日の人たちは珍しく(!?)気さくで親切でした。単純な私はそれだけで明るい気持ちになったのでした。

さて、7時過ぎに夫が帰宅し、同僚から、一緒に頂くはずだった手作りのケーキをお土産に持って来ました。
そしてなんと、彼女はちょうど用事が出来たので、翌日の日曜日、我が家に立ち寄るとのこと。
思いがけず会えることになり、少しホッとしました。

その後夜10時まで営業している大型スーパーに行き、買い物をすることに。

冷蔵庫がない期間は買えないものが多かったですが、何でも買える!!!
アイスだって、冷凍の魚だって、チーズだって肉だって、何でも買えるのさぁ~~~っ!!!
と、すっかり気が大きくなりました。
洗濯機も届いたので、洗剤も買って準備です。ドイツの洗濯機は一回につき2時間ほどかかります(そして洗濯の回数も週に1回ほどです)。しかし新しい洗濯機には短いプログラムもあり、それはなんと17分で脱水まで終了するというスグレモノ!!少しの汚れのときはこれで充分です。

つい夢中になって話がそれましたが・・・。
そんなわけで、夕飯は夫がラザニア<魚バージョン>を作ってくれました。
白身魚とフェンヒェル、そしてパスタを塩・コショウ・レモンのあっさりした味付けで頂きました。
冷やした白ワインがよく合う!!!
Pasta.jpg

冷蔵庫のおかげで、今まで出ていたものをしまうことができ、洗濯機のおかげで、手洗いからも解放されました。あって当たり前のものがない不便さを感じましたが、それでもそれなりに慣れてきていたので、嬉しいような、ちょっとだけ寂しいような気持ちです(←う~ん、でもやっぱり嬉しいな)。
   (J)


スーパーアイテム~Die Supermaschine~

今日は嬉しいことに快晴。
以前から「あればいいな」と思っていた電気製品を、今日ついに買いに行くことになりました。
それは・・・






フードプロセッサー




そして!!!




アイロン



です。



フードプロセッサーは刻んだり、泡立てたり、つぶしたり・・・と色々なことが出来るものを選び購入しました。
そして記念すべき最初のメニューは・・・エンドウ豆のスープ<Erbsensuppe>!
Erbsensuppe.jpg
いくつかのレシピを参考にしながら作りましたが、本当にあっという間に出来るんですね。。。
ビックリしました。そして美味しい。
カボチャのスープ、じゃがいもの冷製スープ、ガスパチョなどなど、今後も作りたいものがたくさんあります。

そしてアイロン。
明日から夫が合唱団の伴奏でウィーンに行くことになり、衣装にアイロンをかけて欲しい!というリクエストにより買いました。アイロンがあれば、気軽にシャツを着ることも出来ますね。
(しかしこれから夏場のアイロンがけは・・・結構きついかな)

ウィーンまではシュトゥットガルトからバスで約10時間とのこと。
「Internationales Maennerchor-Festival 2010」という、男声合唱のみによるコーラスの祭典。私もとても興味がありますが、こちらで留守番です。

さて、今夜はサッカー:ドイツVSガーナが終わったところ。ドイツは決勝T進出、イングランドと対戦だそうです。明日の夜はいよいよ日本。
我が家の上に住む方たちも明日から演奏会のためにイタリアに行くそうで、数日は一人での生活。
仕事に練習に、充実した毎日を過ごしたいと思います。

  (J)




ドイツの子どもたち~Die deutsche Kinder~

まずは今朝のことから・・・。
二人とも4時半に起き、私は夫の朝食の準備。
といっても昨日のErbsensuppeにパン、そして梅干を少し入れた緑茶という、簡単なものです。
彼は5時20分ごろ家を出て、集合場所へ行きました。そして6時にウィーンに向けて出発しました。

幸い、携帯電話もSMS(メール)も出来るので、時々連絡を取りながら・・・。途中渋滞に巻き込まれながらも、16時過ぎに無事バスはウィーンに到着したようです。

日程表をよ~く見ると、Musikverein(ウィーン楽友協会)の大ホールでも本番があります。今日は初日、市庁舎で盛大なEmpfang(歓迎パーティー)が予定されているとのこと。画像をちょっと送ってもらいましたが、シャンデリアのキラキラがまぶしかったです・・・
音楽の都ウィーン!私は大学の研修旅行で15年くらい前に訪れたのですが、(当時は全然ドイツ語が分からず、ダンケとビッテのみ。。。)やはりとても憧れます。

今日はもうひとつ楽しみなことが。
音楽学校に通うバイオリンの子どもたちとの伴奏合わせです。
今週の土曜日に野外コンサートがあるのです。今のところ、明後日の天気は晴れ!大丈夫そうです!!
年齢は6歳くらいから15歳くらいまで様々ですが、活発な子、おとなしい子とそれぞれ。日本でのレッスンの生徒さんたちを思い出しました。
ドイツではすべてザックリしていて、大らかな感じなので、日本でレッスンをキチキチと(!?)やっていた私としては「大丈夫かなァ~~」と感じることもしばしばです。が、本番の集中力があるように思います。
休みの日は徹底して休み、やる時はやる、という感覚が強いのかも知れません。
リーダー格の男の子はジャズの曲も弾くのですが、初めての合わせとあって、顔を赤くしてダイナミックに弾いていました。・・・本番が楽しみです!

そして帰宅後はやはり気になるサッカー。。。
見事な勝利でしたね!!!

私は明日も合わせと練習。夫も明日からいよいよ本番。頑張りまっす
  
   (J)

今日も晴天!~Es ist schoenes Wetter heute!~

ここ数日気持ち良く晴れています。
家じゅう掃除して、さらに気分良くなりました。

午後から音楽学校で明日のための合わせ。今日は12歳のバイオリンの女の子です。
とてもおとなしい彼女でしたが、弾き始めてみると、しっかりとした音色!
最後にはポツポツ話すようにもなりました。「アイルランドの歌」という曲集の中から演奏します。

明日は「Sommerhofenpark」という野外イベントの一環でコンサートがあるのです。何とか良い天気が続いてくれるといいなぁ・・・と思っています。
それにしても今日も暑く、日差しが強く、やけどしそうでした。ただ、吹く風が爽やかなのが救いです。しかし電車もバスもお店の中も「ムッ」としているので、ひたすら日陰を探して歩きました。

この音楽学校へはつい先日、14日からあらたにS-Bahnという列車が開通し、とても行きやすくなりました。
下の画像でも分かるとおり(?)とても殺風景です。もともとは貨物の線路を利用して、ふた駅のみ、あらたに増やしたと聞いて納得。昨日もすごい数の新車が運ばれていました。
Sindelfingen_convert_20100626075524.jpg

今はワールドカップの真っ最中のため、それぞれの国の小さな旗を立てた車が街中を走っています。ドイツには大体どの国の人もいるのでは???というくらい外国人が多いのです。車間距離をあまり取らず、それでいてスピードが出ているので道を歩いているだけでもハラハラしますが、横断歩道に人が立っていると必ず「ピタッ」と止まってくれます。聞くところによるとここStuttgartは運転もかなり荒っぽい部類だとか。
確かに知人もよそのナンバーを見るとミョーに対抗心を燃やして走っている気が・・・。

さて、夫も今日は深夜まで予定が詰まっているとのこと。ウィーン滞在中もなかなかハードなようです。

   (J)

野外フェスティバル~Das Open-Air-Festival~

今週は月曜日からずっと晴れ!!
こんなことはあまりないので、土曜日(26日)のSindelfingenでの野外フェスティバルまで天気がもつかどうか、ヒヤヒヤしていました。
が、めでたく快晴で、予定通りバイオリンの生徒たちと演奏してきました

↓こちらがプログラム
open-air-festival.jpg

音楽学校のすぐそばに湖があり、広い公園になっているのですが(ほぼ森です)、そこに特設ステージを作ってのコンサート。それも一ヶ所だけでなく八ヶ所!!ですので掛け持ちする人もいたり、なかなか忙しかったようです。

今までドイツでは何回か野外コンサートの経験がありますが、顔に蚊が止まったり風で楽譜がすっ飛びそうになったり、色々起きました。しかし緑の中、お客さんもリラックスした中で演奏するというのもなかなか楽しいものです。
みんなおしゃれして来ていて、本番ものびのび演奏していました。合わせの時にうまくいかなかったところも、ちゃんと修正していて嬉しくなりました。お客さんも温かい拍手を下さったり、お父さんお母さんはわが子をビデオに収めたり・・・。
この日もやはり風があって、譜面台の楽譜をおさえるのに必死でしたが、念のため持って行ったノートやら手帳やら「重みのあるもの」を生徒たちに貸しまくり(!)無事終わりました。
バイオリンの先生もホッとしていらした様子。

普段のレッスンでは主に大人の生徒を教えていますが、今回「子供たちの会話」をたくさん聞くことが出来て良かったです。以前も書いたとおりドイツには本当にたくさんの外国人が住んでいて、私も含めて、外国人は発音に癖があるようです。そして世代によっても、例えば10代~20代前半の人たちの会話はものすごく速い「いまどきの」ドイツ語ですし、土地によっても異なります。
日常生活では当然のことながら、語学書に出てくるようなきれいなドイツ語だけではないので、色々な人ととにかく触れるのが大事だなと思いました。

明日の夜、夫がウィーンから帰って来ます。上の人たちもイタリアから帰国します。
私の静かな週末は終わりです。ホッ・・。
でも今日はサッカーW杯・ドイツの素晴らしい試合があり、得点のたびに近所から「ゴ~~~ッ!」という轟きが聞こえてきて、すごかった。外に出たら、スケボーに乗って例の「ブブセラ」を吹いている家族がいたり、駅でも響くこと・・・。

さあそして、日本戦も楽しみです!!!


   (J)
このページのトップへ