ルクセンブルクからのお客様~Der Gast aus Luxemburg~

7月最後の土曜日、我が家にルクセンブルクからお客様がやって来ました。
日本人女性のこの方は、夫の同級生なのですが、国際結婚をして、日常生活ではフランス語を主に使っているそうです。今回ドイツ語の集中講座を受けるため2週間テュービンゲンで過ごし、その後ここに立ち寄ることになりました。

素晴らしい天気に恵まれ、とても良い観光日和でした!
シュトゥットガルト観光といえばまずはココ、Markthalle(マルクトハレ)、市場です。
Gast aus Luxemburg 1
肉・魚・野菜・果物をはじめ香辛料や花、パンなどなど、豊富で何でも揃います。2階にはインテリアショップが入っており、雑貨やアロマグッズも売っています。


さて、次は高いところから・・・。
Kuesntmuseum(クンストムゼウム:芸術館)の上にのぼり、下界を見下ろします。
ガラス張りの建物の中からではありますが、宮殿や広場が一望できます。ここにはレストランがありますが、夜景も最高!・・・とのこと。
(私はまだ夜に来たことはないんです)
Gast aus Luxemburg 2


たくさん街を歩いた後は、家に帰って野菜とソーセージのオーブン焼き!!
刻んで天板に並べてオーブンに入れるだけなので、いたってカンタン。
でもすご~~く美味しいです。
実はこの前に豚肉をジュッと焼いたものをバーベキューソースでたらふく食べている私たち!
いくらでも入ってしまう・・・。
お客様も、何でもおいしく食べて下さって、嬉しかったです。
ルクセンブルクでは内臓系の料理が多いそうで、私はとっても興味があります。
Gast aus Luxemburg 3


ベランダから日が落ちるのを見て、夜はゆっくり休んで頂けたようです。
翌日は夫の勤める音楽学校があるSindelfingenへ。
お気に入りのイタリアンレストランが休憩時間だったので、初めての南ドイツ料理のお店に入ってみました。
心地よい風に吹かれながら、夫とお客様はシュニッツェルとポテトフライ。もちろんビールも欠かせません!
Gast aus Luxemburg 4


私はなぜかハンガリー料理のグーラシュ(シチュー)を注文しました。
具がたくさん入ってとてもおいしかったです。
Gast aus Luxemburg 5


お客様は二日間の滞在でしたが、色々な話を聞かせて下さって、ルクセンブルクという小さな国にとても興味が湧きました。そして地続きであるヨーロッパでは特に、多くの言語を話せるということが重要だとあらためて知りました。

  (J)
スポンサーサイト

再会~Wiedersehen in Esslingen~

先日、Bremenで一緒に勉強した友人を訪ねて、Stuttgartの隣にあるEsslingen(エスリンゲン)に行って来ました。
彼女のピアノレッスン室を訪ね、たくさんの教材を説明してもらい、アドバイスを受けました。
夫とともに「なるほど!!」と思うことがたくさんあって、行って良かったです。
帰り際、街の中を案内してもらいました。

エスリンゲンは戦争でもあまり被害を受けず、中世の町並みがそのまま美しく残る街として知られています。
近くをネッカー川が流れていて、街の中も支流が多く見られます。
地元の人は「小さなベネツィア」と呼んでいるそうです。

これは発電用の水車。よく見ると真ん中に人の形が・・・。水車を一生懸命動かしています
Esslingen 1


こちらはネッカー川の支流。
水のそばで暮らす・・・どんな感じなのでしょう。
大雨が降っても、ちゃんとせき止めてくれるそうなので、心配は要らないとのことでしたが・・・。
Esslingen 2


奥に見えるのは聖ディオニス教会。
解説を見てみると、8世紀と9世紀にそれぞれ建てられた教会を、14世紀に橋を作り、つなげたものだそうです。
確かにつながっていますね!
橋にもずっと花が植えられていて、散歩が楽しくなります。
Esslingen 3

私たちの家から電車で30分もあれば着くこのEsslingen。
また近いうちに会いましょうと約束したのでした。

  (J)

普段着 ~Mein lieblings Alltagskleid~

ドイツに来てから、とてもたくさん歩くようになりました。
私は以前からラクチンな <ゆるめファッション> が大好きだったのですが、ますます拍車がかかったような気がします。
ちょっとご紹介します・・・。


まずは長めのよれよれカットソー。首元にはドイツで必須の(?)ショールを巻きます。
Kleidung 2



こちらでも大流行のレギンス。
これは日本から持って来ました。色違いであると便利です。10色くらい欲しい!!
J Kleidung



そしてTシャツ。
ドイツの洗濯機は終わるまでの時間が長く、我が家では30度で1時間17分、40度で2時間12分かかります。
もちろんとてもキレイになるのですが、うっかり洗濯ネットに入れ忘れて洗ってしまい、新しいハンカチがボロッボロになって出てきたことも・・・。
なので、これらのTシャツは手洗いしています。
Kleidung 5



足元は、6月頃までは寒かったので、ブーツやガッシリした靴ばかり履いていましたが、夏場はほとんどバレエシューズです。おかげで足の甲にはくっきり日焼け跡が・・・。
中にクッションがあるので、あまり疲れません。レギンスやジーンズとも合うので便利です。
J Kleidug 2



最後はH&Mで買ったワンピース。
買った途端に涼しくなってしまい、実はまだ着ていません・・・
Kleidung 4
一番最初のカットソーを上からかぶると意外に合うことが判明・・・!
でもこの夏は着る機会がなさそうです。もう一度暑くなってくれると良いのですが。

夫はいつもクローゼットを見て <はっきりしない色ばっかり> と言いますが、このどよ~~~んとした色が大好きな私です。

  (J)

遠足 その1 ~Unserer Ausflug Nr.1~

日本でレッスンしていた生徒さんが夏のあいだ、お隣の国(!!)で生活しているため、せっかくなのでお会いできたら・・・と思っていました。そしてお電話したところ、土曜日なら時間があるとのこと。急ではありましたが、夫と訪ねることになりました


朝7時半、この日はすごい霧に包まれていました。朝の気温は15度くらいしかなく、寒い!!


土曜日で人もほとんどいない静かな朝のホーム。
in Zuerich 2010 1



残念ながらこのところずっと曇りや雨で、寒い日が続いています。
in Zuerich 2010 2




列車が通過してみたり・・・。
in Zuerich 2010 3




列車に乗ってからもこんな霧の景色です。
in Zuerich 2010 4


さて、予定通りシュトゥットガルト中央駅に着いた私たち。
あとは国際列車に乗って約3時間の旅です。列車が遅れないことを祈りつつ・・・!!!
その2に続きます・・・

(J)

果物 ~ Obst ~

以前書いた他の果物もそうですが、
各種ベリー系が見事に育っています。
普段の道の垣根にも野生のラズベリーなどがなっている時期です。

ついついこういうのを見かけると足が止まってしまい、
鳥に食われる前に!!!味見じゃ!!

すっぺぇ~~~~~~

でも刺激的な味で慣れると病み付きになります。

さて、日曜日に以前住んでいたところへ遊びに行ってきたのですが、
今はこの家も、収穫の時期。

他にもあるのですが、今回はこれだ!!!!

mirabelle.jpg

Mirabelle(ミラベッル)といいます。

辞書を試みに引いてみると、
イエロープラム(セイヨウウスモモの一種)となっています。

およそ30分ほどで三袋分も収穫。
ナマで食べても十分美味しいのですが、
さすがにこの量を食べるとなると大変。
そこで再びジャムにすることにしました。

まずは種を取って量ってみると1.6kg

砂糖は果物のおよそ半分というのが習ったレシピですが、
私は少し少なめの砂糖でやっています。
この果物はナマで食べると分かるのですが、
皮の付近に酸味があります。
ですのであまりお砂糖を控えすぎるのも駄目なようです。

煮込むこと30分ほど。蜂蜜の空き瓶などをに詰めました。


marmelade 4

後日このうちの一つを収穫のお礼をかねて、
以前住んでいたところへ持っていくことにしています。

さて、お味のほうは・・・・
グッジョブ

   (H)

遠足 その2 ~Unserer Ausflug Nr.2~

さて、私たちが乗るのはこの列車。
in Zuerich 9
SBB、CFF、FFSはそれぞれドイツ語、フランス語、イタリア語の「スイス鉄道」の略称だそうです。
そうなんです、今回の旅の目的地はスイスのチューリッヒ!
ここシュトゥットガルトからは列車で2時間50分の道のりです。

ほぼ満席の乗客を乗せ、出発です。

・・・と、あと少しでチューリッヒというSingenという駅でどうやら電車がストップ。
そして恐怖のアナウンスが。
ブレーキのトラブルとのこと。そりゃこわい。直していただきましょう。

ということで、約25分の遅れがありました。
これから会う知人にはメールで連絡を入れ、気を取り直して出発です。
そして無事チューリッヒ到着、出迎えてくれた知人との再会です



天気は曇り、そして寒かったです。
中央駅から歩いて10分ほどでチューリッヒ湖に着きます。
in Zuerich 5

「晴れていたら、本当にきれいなんだけど・・・」
知人は何度もそう言っていました。旅は本当に天気次第ですが、お天気ばかりは仕方ないですね。
でも景色が見渡せて、素晴らしかったです。
in Zuerich 6



そして私たちは「チューリッヒ大学植物園」へ。
誰でも自由に入ることが出来ます。
入り口にはこんな案内板が。立体的で分かりやすい!
in Zuerich 7


奥には温室もあります。
in Zuerich 8

この日は人もあまりいなくて、ゆっくり歩きながら色々な植物を見ました。
面白いものを見つけましたが、それはまた次回書きたいと思います!!

(J)


絶叫ジェットコースター ~Seilbahn~

今日は待ちに待った日でした!
前から乗ってみたかったこの乗り物!!!
このジェットコースターはこんなところを走っていくのです

_IMG_1280.jpg

場所はStuttgartの森の中。
結構急で迫力があります。
ここで今日乗る車体の正面をお届けしましょう。
どうぞ!!!

_IMG_1283.jpg

???あれ???
と思われた方もいるでしょう。
はい、これはStuttgartの中にあるザイルバーン(Seilbahn)です。
原理はロープウェイと同じですが、これは路面をワイヤーによって引っ張られます。

ほぼ単線路で4分ぐらいの道のり。


ここで案内を読んでみると、

1929年から走っているこの車体は、
赤チークの木による木造車両。
自動操縦を備えたSeilbahnとしてはドイツで最初のものである。
3車両からなるこの車両は、
最大で20席の座席、54人の立ち乗りを可能とする。
536メートルの走行距離、28.2度の傾斜角度、
標高87mまで走り、車椅子でも乗り降り可能である。
と書いてありました。


_IMG_1272.jpg

夫婦二人して声をそろえ
かっこいい~~~~~~!!!と絶叫してしまいました。
最初は我々二人だったので、
無人の車両を独占!

_IMG_1278.jpg

木造のとっても渋くてかわいい、それでいてかっこいい車両を満喫。

運転席に立って、妻は「運転させて!」と絶叫。

_IMG_1274.jpg

でもしばらくすると、
さすがに地元の人もお孫さんをつれてきたり、
普通の交通手段として使ったりと人が入って来ました。

さぁ、そこからがまたすごかった。
このお孫さん。
運転席の横に陣取り、
これまた絶叫!!!
1分おきに、運転手さんはまだ?とおばあさんに聞いていて、
ついには、
運転手さんは僕たちのことを忘れたんだ!!!と言い出し、
お客さんはクスクスと笑っていました。
しかし、定刻どおりに出発。
子供の目はもう運転手さんに釘付け。
我々の目も運転手さんと景色に釘付け。
あっという間に到着。

着いた先には、どのようにしてワイヤーを引っ張っているのかを見れるようになっていました。
私の大きな頭が小さく見えます。


_IMG_1289.jpg

さて、この先には何があるのかというと・・・・
森の中にお墓があります。

_IMG_1284.jpg

ドイツのお墓は敷地がとても広く、
緑の中にありとても静かな時間が流れています。
案内図もあるのですが、
あまりに広大すぎて迷子になりそうです。
サイクリングを楽しむ人もいたり、
あまり暗くなる場所というよりも、
故人と静かな時間をともに過ごす感じもあるかもしれません。

  (H)

遠足その3 ~Unserer Ausflug Nr.3~

チューリッヒに行ったお話の続きです
植物園で見た中で、とても印象に残ったものをいくつか・・・。



まずはこちら。黒い実のようなものが見えます。
Ausflug 1



そしてこちら。同じ種類のようですが、実が紫色です。
Ausflug 2

これらはどちらもトウガラシ!!!
こんな色があったとは知りませんでした。
トウガラシといえば、以前料理した時に散々ヒリヒリさせられたので、今回はじっと見るだけにしましたが、どちらも試したくなるような美しさです。



そしてこちらは一面のハス。
残念ながらもう終わりに近く、しおれてしまっていましたが、唯一元気だったものがこれです。
Ausflug 3
夫は早速シューマンの歌曲「Die Lotosblume(蓮の花)」を熱唱
でもこうして実際にこの花を見ると、一層歌詞の意味が伝わってくるように思います。


さてこの後は植物園のレストランで3人で食事をし、そのまま知人の住む部屋へ。
その後少し街を歩きました。
そこにはこんなものが・・・。
Ausflug 4
飛行機の模型がヒントなのですが・・・、そう、機内での食事を運ぶワゴンです。
ここは飛行機好きにはたまらないお店のようです。



こちらにはパイロットの制服や窓の部分まで・・・!!
Ausflug 5




さてここからは、重要なことを書かなくてはなりません・・・
私たちがチューリッヒを訪れた日、街は「ストリートパレード」という年一回の大・大・大規模なテクノのお祭り
の日だったのです。
午前中に到着した私たちですが、パレードの準備のため、街のいたる所が閉鎖や迂回路になっており、歩くだけでも大変でした。
大音量の音楽、そしてすでに酔っ払った人たち!画像奥に見える橋の上にもギッシリと人の姿があります!!
Ausflug 6



こちらからも橋の上の人が見えます。うわあ~。
Ausflug 7


さて、大通りから少し離れてみると、ストリートパレードをよそに、何だか面白そうなものが見えてきました。
細長い建物の屋上にご注目下さいっ!!
Ausflug 8


わお。
Ausflug 9
やってますね!!!ビアガーデンです。いいな。。。


街を見下ろせる丘に来ました。
ここからも人の姿が見えます。奥の大きな建物はETH・チューリッヒ工科大学で、アインシュタインの母校でもあるそうです。
Ausflug 10

知人は足の具合があまり良くないにも関わらず、ずっと私たちを案内し続けてくれ、一緒に歩き続けてくれました。本当に今回、訪ねることが出来て嬉しく思います。
日本で会っていた時は彼女が外国人でしたが、今回は私たちが外国人です。スイスのドイツ語はドイツのドイツ語とはまただいぶ異なり、彼女が地元の人と話すのを聞いてみると、何だか全然違う!ということも分かりました。

賑わうチューリッヒ中央駅でパンと飲み物を買ってもらい(!!)帰りの列車に揺られ、無事、帰宅しました。
それにしても古い町並みと現代のテクノ、両方を同時に見られた貴重な日、だったかな・・・???
Ausflug 11
チューリッヒ中央駅は広いです!

長いブログになりました・・・(完)

    (J)

夏はどこへ・・・~Lieber Sommer,wo bist du?~

ブログをちょっと衣替えしてみました

先日3日間ほどは晴天が続きましたが、気温は25度程度で、またこのところお天気が崩れています。
そのためか、少しでも天気が良いとみんなそれっ!とばかりにプールへ行ったり、バーベキューをしたりしているようです。

日本は朝から30度を超えているとのこと!
暑い夏はちっとも好きではないのですが、離れてみるとその蒸し暑さも懐かしい感じがします。

ドイツでは晴れると夢のようにきれいな景色ですが、逆に天気が悪いとなんかもうガックリ・・・みたいな景色で、その差が激しいような気がします。

もう一度くらい、夏らしい暑さにならないかなぁ・・・。

  (J)

観る楽しみ!~Spass mit DVD!~

音楽が好きな人なら、喫茶店に入ってBGMにがかかっていたりするとつい聴き入ってしまう・・・ということがよくあるかと思います。
中にはクラシックしかかかっていない!というお店もあって、そうすると音楽が気になってソワソワしてしまったり、無性に練習がしたくなったり・・・。
(そういえば、大学の時に友人が山手線の発車メロディで聴音をしたりしていましたが、最近でもあのメロディを全部ピアノでコピーした人がいましたね!)

さて、今日は「聴く」だけではなく演奏する姿も見たいなと思い、シュトゥットガルトの音楽図書館でDVDをいくつか借りてきました。
DVD.jpg

「体の線がブレてない!」とか、「ラクに歌ってるな~~~(実際は楽に歌っているように「見える」のですが)!!」などと、夫といろいろ研究したりして。。。

普段の練習でも、このところ時々姿勢をチェックしています。すると、何か起きてしまうところでは必ず無駄に体が動いていたりして、わざわざ自分で弾きにくくしていることに気づきます。

耳を澄まして音を聴くということ、プラス、姿(姿勢)を見ることも大切で、それらのバランスを取りながら練習すべきだな、とあらためて思いました。

「ブレンデルの指は絆創膏だらけ」なんてことも、DVDなら確認出来ます・・・!
(しかしナゼ??・・・「爪が鍵盤に当たる音がきらいだから」だそうです。ほんとかな

  (J)

散歩 ~spazieren~

引越しをしてからすでに3ヶ月が過ぎようとしています。
今年の夏は少し寒いので
青空が広がっている間に、前からやりたかった近所のお散歩。
携帯電話での撮影を試みました。
さて、どこへ行こうか・・・・
まぁ、適当に・・・・(方向感覚は結構自信がある)
分からなくなったら戻る・・・・戻れるよね・・
などと思いつつ散歩開始です。
近くの陸橋を渡ったところで一枚目をパシャリ!
歩いて5分のところに、
これだけの緑があることがとても気に入っています。

_Foto0556.jpg

このブログでも何度も書いていますが、
今は果物が道沿いになっていてとてもキレイ。
そこで再びパシャリ!
木苺です。
これはまだ見るからにスッパイ!!!

_Foto0557.jpg

あまり私は植物の名前に詳しくないのですが、
再び色のついた実を発見。パシャリ!!!
なんていうのか、分かりません~~!!!

_Foto0560.jpg

とここで、次回の散歩(探検候補)を発見!!
この階段、いい感じだ・・・・・
_Foto0563.jpg

ドイツでは散歩というのがとてもポピュラーなため、
よくこういった、木製のベンチを見かけます。
日向ぼっこをしていたら、時間を忘れそうな感じです。
静かな時間が流れている感じがします。

_Foto0564.jpg

さぁ、元気よく歩いてみよう~~~!!!(ここまでで20分ほど)
お!!次の獲物を発見!パシャリ!

これもわからないです・・・・。
確かドイツ語だとFlieder(フリーダー)というのだと思うのですが、
ライラックの一種でしょうか。
今回は色違いをいくつか発見しました。

_Foto0562.jpg

_Foto0565.jpg

_Foto0568.jpg

30分を過ぎたところで、我にかえりました。
???どこだ、ここ??とりあえず方向感覚を頼りに住宅街へ。
(最悪の状況になったら、
人に聞けばよし!)


ドイツは庭も自分達、もしくは庭師に頼んで、
きれいに手入れをしています。

花の名前分からないシリーズ!!

1)
_Foto0569.jpg

2)
_Foto0567.jpg

3)
_Foto0566.jpg

4)
_Foto0575.jpg

5)
_Foto0574.jpg

6)
_Foto0571.jpg

いっぱいあります。
どうせなら花の名前も分かるように植えておいて欲しいです。
(*^_^*)

きた~~~
私でも知っている花シリーズ!!!


紫陽花
こちらでもたくさんの色があります。
あまりにもこの赤がキレイだったので、パシャリ!

_Foto0570.jpg

タンポポの綿毛
最近部屋の中にもこれが入ってくるようになりました。

_Foto0577.jpg

そしてこの知っている花を見つけたところで、
自分がいる位置もようやく分かるところに出ることが出来ました。

さて、今回は約50分ほどの散策でした。
次は、今日見つけたあの階段を行ってみるか・・・・ふふふ。でもあれは全然違う方向なんだよなぁ・・・
今度は花辞典を持ち歩くかな・・・
 (H)

ドイツといえばココ!~Die Grossestadt in Deutschland!~

8月最後の土曜日。
やってきたのはこんなビルのある場所!!
Frankfurt 1

金融の街、そしてドイツ最大の国際空港があるフランクフルトです!!

メッセ(見本市)を見るためにやって来ました。
メッセ会場へはフランクフルト中央駅から電車で3駅です。
今回私たちが見たのは家具や家庭用品のメッセでした。日常で使う身近なものばかりでしたが、工夫して飾られ、いろどりもきれいで、家でもこんなふうに出来たらいいなと思うことばかりでした。
それにしても広かった!!!です。
メッセの画像がなくてゴメンナサイ


メッセを見たあとは、中央駅まで戻り、街を歩いてみることにしました。
フランクフルトの空港を使うことはあっても、街の中を歩くのは5,6年ぶりです。
10年以上前、ドイツ語が全然出来ない頃にも、フランクフルト中央駅でパンを買ったりホテルで四苦八苦した思い出が色々あるのですが、とても懐かしくなりました。

先ほども書きましたが、フランクフルトは金融の都市で、重要な銀行の本店やフランクフルト証券取引所などがあります。
Frankfurt 2
こんな風景は、日本の丸の内そっくり・・・に見えます。
遠くに市内を観光する赤い二階建てバスも見えています!!



そしてもう少し歩くと今度は・・・。


あら?
Frankfurt 3



あらら?
Frankfurt 4




うわああ!!
Frankfurt 5




うさぎの群れが!!
Frankfurt 6


ここだけかと思いきや、通りの反対側の公園にもたくさんのうさぎがいました。


古い建物と近代的なビル、そして公園にはうさぎ・・・。
何だか不思議な感覚です。
ドイツには私たちも含め、外国人がたくさん住んでいますが、フランクフルトは特にその割合が高いそうです。以前はドイツの都市の違いについてあまり感じませんでしたが、言葉や住んでいる人の様子、雰囲気などが違うなと気づくようになりました。

さて、空腹+歩き疲れた私と夫は、偶然にも5年前に訪れた中華料理屋さんを再び発見し(お店に入ってから気づいたのですが)、そこでしっかりと腹ごしらえをし、まだ時間があったのでカフェでお茶までして、再び中央駅へ。


こんなふうに列車時刻が出ています。
Frankfurt 7
一番右の列は、遅延などがある時に案内が出る場所・・・つまり、あそこに文字があるということはイヤな予感・・・!!
ようく見ると、Stuttgart行きは「6号車と11号車がありません」とのこと。



なんじゃそりゃ


実際は客車ではなく食堂車だったそうなのですが、どちらかは客車だったのだと思います。
そうなると、その車両の座席を予約した人は困ってしまいます。その場合は、空いている席に座るしかありませんし、払い戻しもありません。



運が悪かった・・・。

そう思うしかなさそうです。
でもそんなところも結構好きです。

とにかく広かった、大都市・フランクフルトでした!!

  (J)

譜面台 ~Notenstaender~

先日、知人が引越しをするので、
使わなくなったものなどをもらいに行ってきました。
食器などもたくさんもらってきたのですが、
今回紹介しようと思うのはこちら。


譜面台!!!!

Notenstaender.jpg

あれ??と思った方!!
影や目の錯覚ではありません。
普通知られているのは一人用のもの。
これは、アンサンブルなどにも使える二人用です。

これを譲ってくださった方は、
亡くなったご主人が趣味でピアノを弾いていたこともあり、
当時使っていたものを地下室にしまっておいたそうです。
速攻で持ち運ぶもののところへ避難させました。
どうやら100年以上たっている物だそうで、
全部木製です。

私は歌のレッスンや伴奏あわせなどで使うので、
いつかは良いものを手に入れようと考えていたのですが、
まさか、こんな形で出会えるとは!!
古いものですので、大事に使っていこうと思います。
新しい仕事仲間、もとい、家族の紹介でした!

   (H)
このページのトップへ