音楽と日々の暮らし

南ドイツ在住のピアニストが、ドイツでの音楽活動や、日々の生活について綴ります。

Archive [2012年04月 ] 記事一覧

TOMOの演奏会

まずは炊飯器のお話から・・・。先週、注文していた炊飯器が届きました!!驚いたことにゆで卵やヨーグルトなど、炊飯以外にも作れるものが色々あるようです。見た目もスッキリしていてとても気に入りました。5合炊きなのでお寿司をたくさん作るときにも二度に分けて炊かなくても大丈夫そう早速玄米入りご飯を炊いてみると、ふっくらつやつやの美味しいご飯が炊けました。炊飯器はやっぱり便利!!小豆ご飯、ピラフなどにも挑戦し...

運命の出会い・・・!?

あんなに暖かかった3月がウソのように、今日は寒い雨の一日でした。夫は午前中から出張レッスン、私もレッスンの生徒さんが一人来ました。今日は午後に車屋さんに行くことになっていて、夫と雨の中をテクテク出かけました。ここは上の階に住む方に教えて頂いた車屋さん(修理工場)です。こんなのがいいなぁ~と思っていた車について、話を伺おうと思っていたのでした。車がズラッと置いてあるのではなくて、整備中の車が数台ある...

花との暮らし

今日はKarfreitag(復活祭前の金曜日)で祝日でした。あいにく曇っていて寒い一日。午前中は夫がレッスンをしていましたが、午後は練習をしました。上に住む方たちからピアノを借りて良いことになっていて、二人同時に上と下で練習出来ます。午後7時を過ぎても明るいので、昨日見た赤い車を再び夫と見に行くことにしました。外は人通りも少なく、歩いていると寒さで耳がジンジンしてきましたう~ん、やっぱりイイ!!車高が少し高...

練習

今日も曇り。しかも寒い夫は午前中街へ出かけました。私はキッチン・バスの掃除。乾物を整理したり、日頃なかなかできないところまでできてスッキリ。お昼ご飯は昨日のハンバーグとサラダにごはんを食べました。午後は練習。今日も昨日に引き続き、全ての音をきっちりと鳴らすよう心がけました。上の階では夫もやっていますこの練習をやると腕に「キタ~ッ」という感覚がありますが、この感覚がとても大切だと思います。ハードな練...

寒さ再び・・・

今朝は夫が7時半に家を出て、教会での礼拝でオルガンを弾きに行きました。朝はうっすら雪が積もっていました。もう4月なのに・・・。私は午前中は家事をして、昼過ぎに夫が帰って来たので昼食を食べ、その後アジアンショップで買ったカレールーで久々に日本のカレーを作りました。甘口と中辛を混ぜ、あとはスーパーで売っているカレー粉を入れてアレンジしたら美味しく出来ました。夫がコーラスの方から頂いたというイースターエッ...

向かった先は・・・~その1~

先週、隣人に教えてもらった車屋さんで赤い車と偶然出会った私たち。購入の意思はほぼ固まっていますが、祝日の間ちょっと考えてみようということになりました。何となくホッとして、やっぱり行きたいあの場所へ、急遽一泊で出かける予定を立てました。こちらです。そう、ベルリンです実はこの旅行をネットで申し込んだのは月曜日。祝日明けの火曜日に車購入の意思を伝えようと車屋さんに電話をしてみるとまさかの事態が起きていて...

向かった先は・・・~その2~

ベルリンから帰って来て、はや一週間がたってしまいました画像が中心ですが「その2」をお送りいたします・・・ベルリン大聖堂旧博物館ベルリンのマンホールの蓋ん??近づいてみると・・・ベルリンを象徴するものがズラリ!!賑やかな街の中心部こちらは博物館の隣ですが、至るところに大きな工事現場が・・・。残念ながらこの状況が街の景観を損ねていると、ニュースでやっていました。カバーで覆ってもいないので、粉じんまみれ...

ベルリンの思い出

ベルリンでは、ホテルのそばを少し散歩してみました。夜9時頃でしたが、だいぶ日が長くなりました。昼間はひっきりなしに飛行機が頭上を飛んでいましたが、夜は間隔がだいぶ長くなりました。ところで今回、ベルリンで「ギャラリー・ラファイエット(フランスのデパート)」に入ってみました。そこで探したのが「栗のペースト」です。実はStuttgartでも探したのですが見つからず・・・。しかしさすがおフランスこちらの食料品売り場...

それでいいよ!

ハッキリしない天気が続いていますが、どうやら明日あたりから一気に夏日になるようです。週末の予報は快晴、気温はナント27度!!!今日あたりはまだ寒く、風も冷たくて上着が必要ですが、それでもきれいな花が咲いていて春を感じることが出来ます。さて・・・先日から急に気になりだした鳥がいます。その名もAmsel(クロウタドリ)まずはちょっとこちらの動画をご覧下さい。今朝夫が録画したものです。→Amsel私にはどうしても「...

左サイドMenu

プロフィール

HALLOLE

Author:HALLOLE
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック