音楽と日々の暮らし

春らんまん

前回のブログからはや半月・・・4月も半ばとなりました!
今月のカレンダーもかわいい
_IMG_5430.jpg



晴れて爽やかな毎日が続いています。
木曜日にレッスンをしている部屋から見える眺め。
___ 1


生徒のお母さんからお花を頂きました。
イースターの卵やうさぎのチョコレートが隠れています
___ 2


水曜日にまたまたパチリ。ちなみにここに見えるのは小学校!
___ 4


このところたびたび作っていたのがチョコレートケーキ。
この型に入れると簡単です。持参してレッスンの合間に食べたりもしました。
_IMG_5431.jpg


こちらは夫が生徒さんに頂いた手作りクッキー。瓶に入れ、リボンをかけて手紙も付いていました。とてもおいしいクッキーで、アイデアも素敵です。是非真似したい
___ 5


こちら番外編。
母が送ってきた、実家の庭のチューリップ画像です。日本も春らんまんですね
140410_1801~01

さて、13日から2週間のイースター休暇が始まりました。今日日曜日は二人とも教会で演奏してきました。夜はゆったり、夫の準備してくれた手巻き寿司を食べました。そういえば私、先週半ばに喉の調子が悪くなり声が出ずレッスンで困りましたが、金曜日から飲んでいる抗生物質のおかげで回復してきました。お酒が飲めたら最高ですが、もう少し我慢です。
今週は演奏会の合わせ、レッスンの補講、火曜日にはひと月以上待ちわびた楽譜棚がようやく届く予定です普段なかなか出来ない用事をまとめて片付けたいところです。

休暇の終盤にはまたまた小旅行、そして本日連絡のあった、Bremenの先生の古希(!)のお祝いに伺うことになりそうです。

金曜日は、音楽学校でオーケストラの練習がありました。私はピアノを何曲か弾くので間に合うように出たつもりですが、休暇で出掛ける人たちの渋滞に完全に巻き込まれ、普段一時間弱で着くところを倍以上かかってしまいました。次回からはこの渋滞の恐ろしさを知っておかなくては
ところで、前回書いた試験(Abitur)の伴奏は無事に終わりました。フルートとの演奏でしたが満点でした。演奏だけでなく楽曲分析なども含めて点数が付きます。演奏後、結果を聞く前に「良かった!満足できた!」と喜んでいた様子を見て、私も嬉しくなりました。


休暇後も演奏会や行事が色々とあり、計画的に準備したい・・・と思ってはいますが、いつものドタバタになる・・・予感
まずは体を万全に戻して、今週の予定をしっかりと終えたいです

  (J)

スポンサーサイト

PageTop

復活祭 2014

4月もいよいよ後半。

今週はキリスト教の復活祭がありました。
クリスマスと並ぶとても重要なものです。
教会の数に比べてオルガン奏者が少ないため、
この時期になるとオルガン奏者としての仕事を頼まれることがあります。
今年もいくつかの教会へ行って来ました。

ここはある町のカトリック教会。
コーラスとオルガンは一般の参列者が座るフロアです。
椅子が木製で清潔感があります。

St.Josef 2

そのフロアを上から見ることができる場所にコーラスとオルガンの場所があります。
そこから下をのぞくと、
椅子の配置によって床に大きな十字架が見えてきます。

St.Josef 3

ミサが始まる前に外では焚火が行われました。
これは長い冬を払い春を迎えるとか、
家の灯りや食事を作るための火を各家庭に配るなどの言い伝えがあるようです。

St.Josef 1

その焚火を神父さまがろうそくに燈し、
参列者全員のろうそくに火を渡していきます。

St.Josef 4

ミサの前半は伴奏する楽器の音は一切なし、明りも一切なしというものでした。
これが結構神秘的。
参列者やコーラスの人たちもろうそくを片手に、
前半のミサで歌われる曲の楽譜を見ています。
僕にとってカトリックの復活祭は初めてだったので、
式の人にオルガンもろうそくの灯りで弾くことになるのかと尋ねたら、
ちゃんと電気が点くとのこと・・・。ほっ

St.Josef 5

後半は普通の灯りのもと、コーラスの演奏。
オルガンで伴奏をしました。
コーラスの中にはご高齢の方も(80歳代)いらしたのですが、
リハーサルの時よりも集中していて息もぴったり!!
3時間という長いミサでしたが、無事に終わることが出来ました。
帰りにはコーラスの人々全員と握手をして、
「あなたにとって素晴らしい復活祭の休日でありますように!」
と願ってミサが終わりました。

  (H)

PageTop

完食

1ヶ月以上前から計画していたベルリン小旅行(一泊二日)へ行って来ました。
復活祭の休暇中にも仕事が入っていたのですが、
どうしても!!という理由があって行って来ました。

自他共に認める食べること大好きの僕たち二人。
旅行先で美味しいレストランを見つけることが大きな目標の一つです。
ベルリンには二回目の旅行で見つけたイタリア料理店があります。
そこで美味しい物を食べよう!!これが今回の合言葉。

朝9時発の飛行機に乗って1時間ほどでベルリンに到着。
早目にホテルにチェックインができ、そのままレストランへ直行。
(ホテルもわざわざレストランの近くにとりました。)

レストランのご主人とも顔なじみになっていて、

「あ!!!またうちに来てくれたの??」
「はい、ここで食事するためにベルリンに来ました!!」

まずはお昼を頂くことに。
妻は今の時期旬の白アスパラガスの入ったパスタ。
僕はトマトソースのお肉が入ったパスタ。

二人で一心不乱に食べたため、
写真がありません。すみません。
うまかった、すごい、うますぎ、、、、など連呼し大満足のお昼でした。

その後は街へ行き、色々なお店を見て回りました。
その時の様子は次のブログで書こうと思います。

そして夕飯。
迷うことなく同じレストランへ直行。
妻はホランデーソースのかかった白アスパラガスとじゃがいも、
子牛のレバーと少し甘めの白ワイン。

_berlin20144 (3)

僕はアンチョビの入ったトマトソースのパスタと辛口の白ワイン。

_berlin20144 (4)

この、食後の妻の満足げな表情!!

__berlin20144 (7)

僕のお皿なんて付け合わせのパンでピカピカ!!

_berlin20144 (5)

大満足の完食!!

そしてホテルで休んで翌日もまた元気に街へ。
遅いお昼を、もちろんこのレストランで。
おいおい、、、、三回連続。
という皆様の声はもはや僕たちの耳には届きません。
妻は再び白アスパラガスのパスタ。
僕も再び魚介の入ったトマトパスタ。

何でしょうこの日本人二人・・・・。
ともかくも大満足のレストラン三連発。
ああ、Stuttgartに支店を作ってくれないかなぁ。
(H)

PageTop