音楽と日々の暮らし

南ドイツ在住のピアニストが、ドイツでの音楽活動や、日々の生活について綴ります。

Entries

日々勉強

火曜日はレッスンが夕方からなので、ブログタイムです
まずは日曜日のおさらいから・・・。

朝涼しいうちに夫が窓拭きをしてくれました。休日は原則として騒音の出る機械等の使用は禁止されています(草刈り機等)。集合住宅では洗濯機や掃除機の使用も控えたほうが良いですが、住人同士承知している場合は常識の範囲内で大丈夫だと思います。
_IMG_4161.jpg


私は玄関の階段の花の手入れと玄関の掃除をしました。その後、庭で朝食です。前日たくさん食べたのでバナナとリンゴを頂きました。
_IMG_4164_20170530164637bb0.jpg


そして待ちに待った(!?)台所の片付け。棚を拭き、すっきり。
_IMG_4166.jpg


鍋の数が多かったので、思い切って処分することにしました。
_IMG_4167.jpg


他の引き出しもチェックし、きれいに並べたり入れ替えたりしました。バーベキューの網の掃除もしました。
夫はお昼にマッサージの予約が取れたので出かけ、遅めの昼食はおにぎり
_FullSizeRender[1]


卵焼きにはネギの小口切りを入れました。
_FullSizeRender_201705301646324c6.jpg


マッサージの余韻からか、まだポ~っとしております
_FullSizeRender (2)


どうしても庭に寝転がりたかったそうで、段ボールを持って来ましたが、ご覧の通り意外に傾斜が
ほぼ、ずり落ちています。
_IMG_4172.jpg


食後はブレンディの「キャラメルマキアート」を・・・。おいしいですがかなり甘いので、今度は無糖にしようかな
_IMG_4175.jpg


夫は今度は上にテーブルを運びたいとのことで、移動ここも少し傾斜しているので、やはり定位置に戻ることにしました。
_IMG_4174.jpg


我が家の蘭がとてもきれいに咲いてくれて嬉しいです。

_IMG_4179.jpg



_IMG_4180_201705301646488a7.jpg



_IMG_4181.jpg


月曜日は朝税関に行きました。7時半に着き、係の方の前で段ボールを開け、中身を説明して無事に受け取りが完了しました。
こんな中身でした
_IMG_4176.jpg


すごいタイムラグ
_IMG_4186_201705301646517b7.jpg


夜遅く帰宅して、早速ペヤングの焼きそばを頂きました。ああおいしい夫が名残惜しそうに隅っこのキャベツをつついているので、分けてあげましたちなみに今回、ペヤング焼きそば味のふりかけもあるので、試してみます。

さて、先ほど美容院に予約の電話を入れました。
今日の方は「Was kriegen Sie? (どうなさいますか?)」とおっしゃいました。いつだったかは「Was soll gemacht werden?」と受動態を使った表現でした。「Was bekommen Sie?」と聞く方もいます。クリーゲンとベコメンは両方とも「受け取る、もらう」という意味です。
そして名前を伝える時、ミュラーさんとかシュミットさんという苗字でしたら問題ないのですが、書きとって頂くために綴りを言わなくてはなりません。私の場合は「BとW」「LとR」などの発音の違いが難しいのですが、綴りを正しく伝えるためにこんな方法があります。
_IMG_4188_201705301730579f5.jpg


日本でも自分の名前(純子)を伝える時、「順番の順じゃなくて純粋の純です」と言ったりしますが、少し似ているかも知れません。
「A wie Anton(アントンのAです)」のように伝えます。
しかーしまずはこれが頭に入っていないと使えない・・・ということで、書き写して持っています。
コーラスやオーケストラの練習でよく使います。
「Nの2小節前、4拍目から」「N、Nordpol(=北極)ノルトポーーーール!!!」と大きい声で指揮者が伝えたりします。「4拍目から」は「auf vier(アウフ フィアー」と言います。アウフタクトのアウフと同じ言葉でもともとは「~の上に」という意味です。

さて、美容院の話に戻り、「洗って、カットして、ブローして下さい」と伝えました。ドイツの美容院での洗髪とマッサージは手を添えているだけというくらいマイルド(はっきり言うと、もっとゴッシゴシこすってえ~!)ということが多いです。乾かすのを自分でやります、と言うとドライヤーだけ貸してもらえます(少し安くなると思います)。私が今お世話になっている美容師さんは毎回気に入るように切って下さって嬉しいです。私の髪は太く固く多く、そしてすぐ伸びるので、美容師さん泣かせだと思いますが・・・。

日々生活するということは日々新しい言葉に出会うということではないかと、言葉の大切さを感じています。黙って指を差して買うことも出来ますが、何か一言温かい言葉を添えたり質問してみると、楽しくなることが多いです。
(「これおいしいですか?」「さぁ、食べたことないから分からない」というリアクションもドイツでは予想されますが、いかにもですね!)夫はこの一言がいいタイミングで出るので、肉屋さんで楊枝に差したハムをもらったりチーズ屋さんでチーズをもらったりしてます隣の私ももらえます。

最近もよく弾けた生徒に筋肉のシールをあげたら(こういうのです→)、「あ、Muckiだ!」と言いました。へぇ~MuskelってMuckiなんて言うのねと知りました。
まずは基本を見直して、生活の中で良いコミュニケーションを取りたいと思います。日々勉強ですっ

  (J)






スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

HALLOLE

Author:HALLOLE
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック