ホッとする時間、思い出話

休暇明けの今週、先ほどレッスンが終わりました週の最後のレッスンが終わったあとが、一番ホッとする時間。そしてブログを書きたくなる時間です

おなじみ(?)、今週を振り返ってみようと思いますが、ちょっと長い思い出話になりそうなので「ですます調」から離れて書いてみます

週末は主に出張レッスンをしているのだが、春の訪れと共に、一気にバイクや自転車が増える。特にロードバイクはかなりスピードも出て、彼らは本気で走っているので、抜けそうで抜けなかったり、対向車側にも同じようにロードバイクを抜こうとしている車が走っていたりで、運転にとても気を遣う。住宅街にはたくさんの車が駐車してあり、車と車の間から子供の自転車が勢い良く出て来たり、強い日差しで前が良く見えなかったり、レッスンよりも移動に疲れるくらいだ。焦って運転するくらいなら早く着いて待ったほうがいいと思って早めの出発を心掛けているが、遅れて生徒に迷惑をかけてしまうこともあり、申し訳なく思う。
今日(土曜日)は急なキャンセルがあり、時間が少しできたのでパン屋に行こうと近くに車を停めた。14時だったがそのパン屋はすでに閉まっていて、もう一軒、近くのパン屋に入ってみることにした。幸い17時までの営業で、クーラーがよく効いていて助かった。今週は毎日とても暑かった!しばし休憩してそろそろ出ようとトレイをレジに持って行くと、お店の若い女性が「ここに置いて下さい」と言った。パンを買った時は別の女性がレジにいたので気付かなかったが、見覚えのある顔!思わず「あ、私のところでピアノのレッスン受けてたよね」と話しかけてしまった。彼女は一瞬考えて「あ・・・はい、お久しぶりです!!」とにっこりしてくれた。「今でもピアノ弾いてます」とも言ってくれた。最初に行ったパン屋が閉まっていて良かったのかも!店を出た後、とても嬉しくなって、何だか一気に7年前からのことを色々思い出した。
ドイツでの音楽留学を終えて一旦帰国し、7年前から再びドイツに住むことになった私は、夫の紹介で、あるprivat(私立)の音楽学校でレッスンをさせてもらえることになった。といっても1週間に生徒は一人。それなのに行きのUバーンの中ではレッスンがうまく出来るか心配でいつも緊張していた。手帳は真っ白で、焦りもあった。それでも少しずつ生徒が増えていった。今日パン屋で再会した彼女もその中の一人だ。当時、同時進行で色々な音楽学校に履歴書を送っていたが、何度も分厚い封筒が「今後のご成功をお祈りします」の手紙と共に戻って来た。ある時、このままではいけない気がして、今までのありきたりな自己紹介文ではなく、もっと素直に書いてみようと思い、書いてみた。そうしたら薄い封書が、ある公立の音楽学校から届いた。Einladung(=面接試験への招待状)だ!この学校は産休代理のピアノ講師を募集しており、私はそこに応募していたのだ。面接日が迫っていたので、一般的に面接ではどんなことを聞かれるのか調べてみたり、もう一度音楽の一般的な知識を復習したりした。いま久しぶりにEinladungを見てみたら(まだ取ってあった!)、試験の内容はこんなふうだった:
ピアノ演奏(5分程度)
模擬レッスン(10分程度)
面接(15分):面接官は校長、Gemeinderat(市参事)
面接日は早めに学校に着き、自分の順番が近付いたので部屋の前に行ったら、上手な演奏が聴こえてきて、こわくなってしまった。しかし初めて会う校長が笑顔で迎えてくれ、ブラームスを演奏したら褒めて下さった。模擬レッスンを受ける生徒が現れたが、ま、まさかの手ぶらだった!暗譜で弾く子をレッスンするとは、夢にも思わなかった!!バロックか何かの小さな曲だったと思うが、火事場の○○力とでも言うのか、彼女が弾いている旋律を全部聞き取ってレッスンすることが出来た。面接では面接官の質問にちゃんと答えられたのかどうか・・・自分のアピールに必死だった気がするが、3人の面接官は笑顔で私の下手なドイツ語アピールを聞いて下さった。その日結果が出たのか後日だったか忘れてしまったが、採用が決まったと聞いてとても嬉しかった。校長が「模擬レッスンの生徒がね、君のレッスンが一番楽しかったって」とあとから教えてくれた。こうして5年前の秋からこの学校で働けることになった。
翌年の7月、校長が「近くの音楽学校でピアノ講師を探しているが、君、履歴書を送ってみたら」と教えて下さった。募集は常勤と非常勤一名ずつ。再び履歴書を書き、幸いEinladungを頂くことが出来た。
こちらも試験内容はほぼ同じだった。隣人に「申し訳ないがこの日は朝7時から音出しさせて欲しい」とお願いして練習し、面接会場へ向かった。前日、私の大人の生徒が「ganbattene asu」とメッセージをくれた。彼女が「遠いなら早く家を出たほうがいい」と言ってくれたので早く行って時間が来るのを待ち、建物の中に入った。またまた前の人の上手な演奏が聴こえてきた。しばらくして汗で顔を真っ赤にした男性が部屋から出てきた。その後校長が笑顔で「朝早かったでしょう、飲み物とパンがあるから、良かったら」と迎えて下さった。部屋に入って行ったら、校長、講師、Gemeinderatと計5人の面接官がいた。1対5で座らなくてはいけなくて、冷や汗が出てきた。この時はドビュッシーを弾いた。校長が「ブラボー!」と言って下さった。模擬レッスンでは、私は普通にレッスンしていたつもりだが、一度爆笑が起こった。私の質問に対する生徒の答えが面白かったみたいだ。そこから雰囲気が和やかになった気がした。面接では皆私の履歴書のコピーをめくり、メモを取りながら私の話を聞いている。「日本ではこうでしたが・・・」と日本のレッスンの様子を紹介したらとても興味を持たれてものすごく突っ込まれ、しどろもどろになってしまった。
終わった後、気付いたら汗びっしょりになっていて、デパートに行って着替えの服を買い、午後のレッスンに向かった。その夜は自分の模擬レッスンや話の内容がおかしかったんじゃないか、とばかり考えて、せっかくのチャンスだったのに・・・きっとダメだった!!!と落ち込んで眠れなかった。結果は翌日、電話で受けた。校長が「ダメだった」と言ったのだと思って沈んでいたら「嬉しくないの?」と言われて、受かったことに気付いた。希望していた常勤だった。嬉しいのと恥ずかしいのとで「どうもありがとうございます」と言いながら涙が出てきてしまった。この日はたまたまもうひとつの学校の講師の親睦会(遠足)があり、待ち合わせの駅で校長に報告したら無言のガッツポーズで、とても喜んで下さった。
こうして家から離れた2カ所の音楽学校に勤める生活が始まって、一番初めにお世話になった音楽学校を辞めることになった。事務の方が「寂しいけど、これからも頑張って」と言って下さった。
手帳が真っ白だったことや、レッスンの日に緊張してお腹を壊したりラベンダーのお茶を飲まないといられなかったことが、ずっとずっと昔のことのような気がする。日本にいる皆がいつも「無理しないでね」と言ってやさしく声を掛けて下さるのだが(ありがとうございます!)、自分がちょっと「無理かな」と思うことをやってみて、うまくいくことがあったりすると嬉しくなって「もうちょっと」と思ってしまうのかも知れない。そもそも、自分の「無理」がどこなのか分かっていないのかも知れない。とにかく、疲れたら寝ることにしている。
音楽学校の仕事は色々あって、たまに「ピアノだけ弾きたい」と感じることもあるが、すべて自分のためになっていて、ありがたいと思う。だからこれからも頑張っていきたい。

今日パン屋であの子に会えて良かった!と思います。どうして急に思い出話をしたくなったのか分かりませんが、読んで下さった方、どうもありがとうございます
休暇後の一週間はあっという間に感じましたが、生徒たちは病欠ゼロ!!真っ黒に日焼けしている子が多かったです。あらためて思ったのは、大きい子も小さい子も皆いい子たちだなぁということです。休暇中に一人一人を思い浮かべながら生徒たちの成績表を書いていたので、余計にそう思ったのかも知れません。休暇のために練習出来ていない言い訳を必死でする子が多くて笑ってしまいました。本当にすっかり忘れている子には怒りましたが
また土曜日のこのホッとする時間に長い文章を書くことがあるかも知れませんが、その時はどうかお付き合い下さい

  (J)

日々勉強

火曜日はレッスンが夕方からなので、ブログタイムです
まずは日曜日のおさらいから・・・。

朝涼しいうちに夫が窓拭きをしてくれました。休日は原則として騒音の出る機械等の使用は禁止されています(草刈り機等)。集合住宅では洗濯機や掃除機の使用も控えたほうが良いですが、住人同士承知している場合は常識の範囲内で大丈夫だと思います。
_IMG_4161.jpg


私は玄関の階段の花の手入れと玄関の掃除をしました。その後、庭で朝食です。前日たくさん食べたのでバナナとリンゴを頂きました。
_IMG_4164_20170530164637bb0.jpg


そして待ちに待った(!?)台所の片付け。棚を拭き、すっきり。
_IMG_4166.jpg


鍋の数が多かったので、思い切って処分することにしました。
_IMG_4167.jpg


他の引き出しもチェックし、きれいに並べたり入れ替えたりしました。バーベキューの網の掃除もしました。
夫はお昼にマッサージの予約が取れたので出かけ、遅めの昼食はおにぎり
_FullSizeRender[1]


卵焼きにはネギの小口切りを入れました。
_FullSizeRender_201705301646324c6.jpg


マッサージの余韻からか、まだポ~っとしております
_FullSizeRender (2)


どうしても庭に寝転がりたかったそうで、段ボールを持って来ましたが、ご覧の通り意外に傾斜が
ほぼ、ずり落ちています。
_IMG_4172.jpg


食後はブレンディの「キャラメルマキアート」を・・・。おいしいですがかなり甘いので、今度は無糖にしようかな
_IMG_4175.jpg


夫は今度は上にテーブルを運びたいとのことで、移動ここも少し傾斜しているので、やはり定位置に戻ることにしました。
_IMG_4174.jpg


我が家の蘭がとてもきれいに咲いてくれて嬉しいです。

_IMG_4179.jpg



_IMG_4180_201705301646488a7.jpg



_IMG_4181.jpg


月曜日は朝税関に行きました。7時半に着き、係の方の前で段ボールを開け、中身を説明して無事に受け取りが完了しました。
こんな中身でした
_IMG_4176.jpg


すごいタイムラグ
_IMG_4186_201705301646517b7.jpg


夜遅く帰宅して、早速ペヤングの焼きそばを頂きました。ああおいしい夫が名残惜しそうに隅っこのキャベツをつついているので、分けてあげましたちなみに今回、ペヤング焼きそば味のふりかけもあるので、試してみます。

さて、先ほど美容院に予約の電話を入れました。
今日の方は「Was kriegen Sie? (どうなさいますか?)」とおっしゃいました。いつだったかは「Was soll gemacht werden?」と受動態を使った表現でした。「Was bekommen Sie?」と聞く方もいます。クリーゲンとベコメンは両方とも「受け取る、もらう」という意味です。
そして名前を伝える時、ミュラーさんとかシュミットさんという苗字でしたら問題ないのですが、書きとって頂くために綴りを言わなくてはなりません。私の場合は「BとW」「LとR」などの発音の違いが難しいのですが、綴りを正しく伝えるためにこんな方法があります。
_IMG_4188_201705301730579f5.jpg


日本でも自分の名前(純子)を伝える時、「順番の順じゃなくて純粋の純です」と言ったりしますが、少し似ているかも知れません。
「A wie Anton(アントンのAです)」のように伝えます。
しかーしまずはこれが頭に入っていないと使えない・・・ということで、書き写して持っています。
コーラスやオーケストラの練習でよく使います。
「Nの2小節前、4拍目から」「N、Nordpol(=北極)ノルトポーーーール!!!」と大きい声で指揮者が伝えたりします。「4拍目から」は「auf vier(アウフ フィアー」と言います。アウフタクトのアウフと同じ言葉でもともとは「~の上に」という意味です。

さて、美容院の話に戻り、「洗って、カットして、ブローして下さい」と伝えました。ドイツの美容院での洗髪とマッサージは手を添えているだけというくらいマイルド(はっきり言うと、もっとゴッシゴシこすってえ~!)ということが多いです。乾かすのを自分でやります、と言うとドライヤーだけ貸してもらえます(少し安くなると思います)。私が今お世話になっている美容師さんは毎回気に入るように切って下さって嬉しいです。私の髪は太く固く多く、そしてすぐ伸びるので、美容師さん泣かせだと思いますが・・・。

日々生活するということは日々新しい言葉に出会うということではないかと、言葉の大切さを感じています。黙って指を差して買うことも出来ますが、何か一言温かい言葉を添えたり質問してみると、楽しくなることが多いです。
(「これおいしいですか?」「さぁ、食べたことないから分からない」というリアクションもドイツでは予想されますが、いかにもですね!)夫はこの一言がいいタイミングで出るので、肉屋さんで楊枝に差したハムをもらったりチーズ屋さんでチーズをもらったりしてます隣の私ももらえます。

最近もよく弾けた生徒に筋肉のシールをあげたら(こういうのです→)、「あ、Muckiだ!」と言いました。へぇ~MuskelってMuckiなんて言うのねと知りました。
まずは基本を見直して、生活の中で良いコミュニケーションを取りたいと思います。日々勉強ですっ

  (J)






そこまで来てるのに・・・!

今週は木曜日が祝日だったため、1週間が短く感じました。夫に「毎週木曜日が休みだったらいいなぁ~」と言ったら呆れられましたが・・・この日はお菓子が作りたくなって、出張レッスンの帰りにガソリンスタンドに寄りバターを買って帰って来ました。
型抜きクッキーです。ココア味と・・・
_FullSizeRender (3)



プレーンです。砂糖の分量をとても少なくしたら少な過ぎて(!)粉砂糖をまぶしました。
_FullSizeRender[1] (3)



シンプルな材料で作るクッキーはおいしくて、時間のある時に作りたくなる味です。分量の2倍(小麦粉400g分)作ったので、たくさんできました。今日も小さなジップロックに入れて持って行き、レッスンの合間につまんでみました。
_FullSizeRender[4]


この日の夕飯は家にあった野菜を細かく切り、鍋でじっくりと煮て、スペルト小麦のペンネ、カレイのソテーと一緒に食べました。時間があるといつもの何でもないメニューでも丁寧にできて、おいしく仕上がるので嬉しいです。テーブルの飾りは夫のアイデア
_FullSizeRender[3]


週末は混むのでなるべく買い物は週の初めにするようにしていますが、バナナとリンゴ、その他にもバーベキュー用の炭や水も必要で、金曜日の朝スーパーに行きました。
今回はこの炭を買いました。
_FullSizeRender[2] (2)


新鮮な野菜もたくさんあり、新しいボウルに作ったサラダを保存できるようになったので、色々買いました。車のトランクを開けて、持参した大きな袋に買った物を移してからカートを返して買い物終了です。カートが大きいので、私はやはり日本のカートのサイズが好きです
_FullSizeRender[1] (2)


今週はほぼ毎日晴天でした。夜の9時頃、陽が沈みます。
_FullSizeRender (2)


さて、2か月ほど待ち続けている日本からの荷物(船便)が、日本郵便の追跡調査でハンブルクに到着→保管となってから数日たっています。一体どこに・・・と思っていたところ、ドイツポストから手紙があり、我が家から20キロほど離れた場所の税関にあることが分かりました。保管期限の2週間を過ぎると日本に送り返されてしまうこと、1日50セントの保管料と受け取る際にかかる料金などについて書かれていました。
伝票も同封されていました。ううう~あと一息じゃないかぁ~持って来てくれ~という気持ちになったのは言うまでもありません。いつ届いても、万が一なくなっても良いものなので船便でもOKなのですが、受け取りは平日の7:30~15:30(金曜日は15:00)という何とも素敵な時間帯、さらに税関はポルシェの近くで、私が取りに行かれる早朝は道が混んでいるのではという不安もあり・・・(←道がよく分からないまま走り、周りをポルシェに囲まれているという図が頭の中で出来上がっている)そういったことを考えると、3日で届いたEMSは料金は高いけれど便利だなぁ~とつくづく思いました。とにかく、来週にも無事に荷物を受け取れたら・・・と願っています。まぁ中身はカップ麺なんですけど

_IMG_4154_201705280548219d4.jpg


今週土曜日も朝9時からレッスン、18時に終わり、素晴らしい天気だったので庭で夕飯を食べたいなと思いました。夫も帰宅して21時にご飯。今日は生徒のお母さんから手作りの豆腐を頂いたので、夏らしいメニュー?になりました。
牛レバーの唐揚げ・ケチャップ和え
冷ややっこのサラダ添え
茹でたブロッコリー
茹でたルッコラ
チーズ入りオリーブ
_FullSizeRender[2]


ヒラタケのご飯も炊きました。
_FullSizeRender[1]


車の中も暑かったですが、自転車通勤の夫も汗だくで帰宅したので、飲み物はこちら
プハー、おいしかったです
_FullSizeRender_20170528054811b8d.jpg


日曜日も晴天に恵まれて、暑い一日になるようです。良い休日にしたいと思います

  (J)

希望の実と訪問者

今年の春先にJohannisbeeren (ヨハニスべ-レン) の苗を一つ買いました。
スグリ科の一種です。
とても酸っぱい小さな実を付けるのですが、ドイツには赤・白・黒の三種類があります。
この果物でジャムを何度か作ったことがあるので
今年は我が家でも試しに植えてみることにしました。
幸いなことに根付いてくれたようで、少しでも収穫できるかな?と期待をしていました。

2~3月は気候も穏やかで上手く育っていたのですが、
4月に入り何度も雪が降り、真冬並みの気温。
ちょうどその時期に花をつけていたので、
今年は収穫は無理かもと話をしていました。
それが!!先日草刈りの時に嬉しい希望の実を見つけました。

_IMG_7987.jpg

青い実が7~8粒はついているようです。
自然ってすごいです!!
ジャム作りには全く足りませんが来年にはもう何本か植えてみようと思います。
来年以降に期待しています。

先日外でグリルをするために外に出ようとしたところ、
何か足元で気配が。。。
カエルでした。
うちの中をのぞいていました。
もう一匹いたのですが、近付くと逃げてしまいました。

_IMG_7993_20170526052328ca2.jpg

南ドイツはあと1週間ほどで聖霊降臨祭の休暇に入ります。
音楽学校では休暇に入る前にクラスの発表会などが企画されていて伴奏を頼まれています。

気温の変化が激しいせいか、風邪を引いている生徒さんたちも多くいます。
健康管理に十分に気をつけたいと思います。

(H)

楽しい一日~コンサート・バーベキュー~

土曜日は朝9時から出張レッスンでした。
生徒の都合で1時間ほど時間が空いたので、おいしいクロワッサンとコーヒーを頂きつつ、コンサートのアナウンス(曲の説明)を考えていました。その後生徒のお宅を回り、最後は自宅で18時までレッスンして終了。夜はコンサートの最終チェックをしました。
_FullSizeRender[3]


日曜日のコンサートは午前11時開演なので、早めに起きて準備。衣装のアイロンがけをして(←前日までにやりましょう楽譜、連弾用のイスなども車に積んで出発。まず前日に会場リハーサルをしていた同僚の家に寄ってホールの鍵を受け取り、9時からホール練習。ショパンのノクターンはトリルが多いので、鍵盤の戻り具合やペダルの感じを確認しました。9時半からは同僚と連弾の最終確認、45分からは別の同僚のリハーサルに立ち会って室内楽の譜めくり(!)。
衣装は昨年夏に横浜で買ったナラカミーチェの黒ブラウスに、カルバンクラインの黒パンツにしました。
_FullSizeRender[2]


たくさんお客様も来て下さり、演奏より緊張する(?)曲のアナウンスもまずまず済んで、演奏に入りました。連弾は小さい子供たちにも楽しかったようで、私たちの手元をじっと見ているのが分かりました。今日は素晴らしい天気でホールの外も賑やかな様子でしたが、そんな中でのノクターン同僚に「朝弾く曲じゃないよね」と言ったら「そんなことない、良かったよ」と言ってくれました。他にもバイオリン、ビオラ、クラリネット、ギター(エレキギター)の同僚も演奏し、良いプログラムだったとお客様にも言って頂けて良かったです。打ち上げでイタリアンレストランに行き、その後3時半頃帰宅。夫も午前中は教会での演奏があったのですが「バーベキューしたいからソーセージとビールが欲しい」とのことで、途中、ガソリンスタンドで買って帰りました。


荷物を片付けて、暑かったのでまず黒ビールを飲んだら良い気分になってその後寝てしまい午後8時頃からようやくバーベキューを開始しました。と言っても今日は全然材料がなくてソーセージとズッキーニのみあとはサラダとピクルス、そして良く冷えたビールで乾杯
_FullSizeRender[1]


コンサートで頂いたお花と庭の花も飾ってみました。
_FullSizeRender_20170522062043267.jpg

今度は夏以降のコンサートの準備と、夏休み前に伴奏するブラームスの「愛の歌 作品52」の譜読みを始めます。愛の歌は連弾の伴奏で別の学校の同僚に誘って頂いたものです。後で慌てないように早めに準備をしなくては・・・
今日見た週間予報によると、今週はずっと晴れるとか!?今日は日焼け止めを塗り忘れて日焼けしてしまったので、気を付けたいと思います。また新しい一週間、頑張りたいと思います

  (J)
このページのトップへ